プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとむくみ

      2018/02/01

プロペシアの服用を始めてから、顔や身体にむくみが生じたという報告が上がっております。

全ての体質の男性にむくみが生じるわけではありませんし、プロペシアの添付文書にはそのような記載は一切ありませんでした。

しかし、プロペシアといった内服薬に限らず、風邪薬や頭痛薬といった子供でも飲める医薬品でも、人体にとって異物なのは事実です。

しかも、市販薬とは違ってプロペシアによるAGA対策は長期間に渡って行わなければならず、その影響で顔や手にむくみが生じる可能性は十分にあります。

副作用の症状としては性欲減退や男性機能の低下が多くを占めているものの、むくみのリスクも少なからずあるみたいなので、プロペシアを飲んでいる男性は自分の身体の状態を小まめにチェックした方が良いでしょう。

とは言え、血管拡張剤のミノキシジルタブレットと比べれば、プロペシアの服用によるむくみのリスクはそこまで高くないので安心です。

血管を拡張させて血流を良くする医薬品だからなのか、ミノキシジルタブレットの服用でむくみは生じやすいと言われております。

ミノキシジルタブレットはただでさえ副作用のリスクが高く、身体に大きな負担が加わるAGA治療薬なので、不安な男性は当サイトでご紹介しているオオサカ堂でプロペシアを使って抜け毛や薄毛の症状を和らげる努力をしてみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、医薬品の服用によるむくみが気になるのならば、毎日の食生活に気を配ってみるのが良いかもしれません。

以下のような栄養素は身体に引き起こされるむくみの解消として非常に適しております。

カリウム:体内の水分代謝をスムーズにして余分な水分の排出を促す
クエン酸:疲労回復効果だけではなく代謝の促進を図ってくれる
ビタミンE:血管の汚れが取り除かれて老廃物の排泄がスムーズになる
タンパク質:良質なタンパク質の摂取で筋肉の量や質を保てる

パセリに含まれているカリウム、柑橘系の果物全般に含まれているクエン酸、すじこやいくらに含まれているビタミンEを中心的に取り入れていれば、自然とむくみの解消に繋がります。

また、毎日の食生活で塩分(ナトリウム)を過剰摂取していると、水分を多く取り込む性質があるので血管が押し上げられて血圧が上昇し、むくみが生じるので注意しなければなりません。

腎臓が正常に働いている状態ならば多少は塩分(ナトリウム)を摂取し過ぎても、徐々に体外へと排泄してくれます。

それでも、直ぐに量を調節できるわけではないので、健康のためにも塩分(ナトリウム)の過剰摂取を控えた食生活を送らなければならないのです。

また、頭皮マッサージやツボ刺激、お風呂や半身浴がむくみの解消として適しているので、プロペシアの副作用による症状で悩まされているのならば一度試してみてください。

 - プロペシアと関係のある症状・病気