プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

もみあげへのプロペシアの効果

   

プロペシアは発毛を促す内服薬ではなく、男性ホルモンを抑えて抜け毛を減らす医薬品なので、もみあげの育毛にはあまり向いていないかもしれません。

プロペシアが薄毛の治療に効果的だと言われているのは、悪玉男性ホルモンのDHTを抑えられるからです。

頭頂部や前頭部の薄毛はDHTが大きな引き金となっており、男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結び付いて産生されます。

この酵素の働きを阻害してくれるのがプロペシアで、結果的にDHTが毛乳頭で作られにくくなって抜け毛の抑制を図れるというメカニズムです。

しかし、5αリダクターゼが存在するのは頭頂部や生え際といった部位で、もみあげにはないため、プロペシアで育毛効果を得るのは難しいことがお分かり頂けるのではないでしょうか。

そもそも、AGAが原因で抜け毛や薄毛の症状が進行しているのならば、もみあげだけが薄くなるケースは非常に少ないのです。

もちろん、個人の体質によっては頭頂部や前頭部に加えてもみあげ辺りの髪の毛が薄くなるかもしれませんが、そのような場合はプロペシアではなく他の対策が適しております。

もみあげの育毛に最適なのが「ミクロゲンパスタ」や「ブラックポムトン」で、特に「ミクロゲンパスタ」の使用が効果的です。

啓芳堂製薬株式会社から販売されているのが「ミクロゲンパスタ」で、発毛促進と育毛の働きを促すクリーム状の外用剤となっております。

吸収されやすいクリーム状の外用剤という点が大きな特徴で、もみあげだけではなく髭や胸毛、眉毛やわき毛など頭髪以外の部分に使用できるのです。

生え際や頭頂部といった部位の発毛促進には使えないものの、もみあげや髭を生やしたいと考える男性に「ミクロゲンパスタ」はピッタリなのではないでしょうか。

頭髪に使用する育毛剤をもみあげ部分に塗布するのも効果的で、血管拡張作用を持ち合わせたミノキシジルが含まれていれば大きな変化を得られるはずです。

プロペシアとは違って発毛を直接的に促進してくれる育毛剤がミノキシジルなので、ピンポイントで生やしたいという際に適しております。

また、「髪の毛が生えやすくなるためにバランス良く栄養素を補給する」「頭皮を柔らかくして血行不良を改善するために頭皮マッサージを行う」という対策も必要です。

もみあげだけではなく、頭頂部や前頭部といった部位の薄毛改善にも繋がるので、様々な側面からの対処を試みてください。

 - プロペシアの部位