プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとミノタブ

      2018/02/01

プロペシアとミノタブは併用できるの?

抜け毛の抑制を図る内服薬がプロペシアなのに対して、発毛を直接的に促す内服薬がミノタブで、個人輸入代行業者で販売されております。

ミノキシジルと聞くと、塗布タイプの育毛剤を頭でイメージする方が多いかもしれません。

確かに、製品の種類としてはリアップやロゲインといった育毛剤の方が多いものの、内服薬タイプのミノタブもAGA治療として使われているのです。

このプロペシアとミノタブを併用してAGA治療を進められるのかどうか、気になっている男性はいらっしゃいます。

結論から言えば、プロペシアは特に飲み合わせが悪い医薬品は設定されていないため、ミノタブとの併用は可能です。

プロペシアは髪の毛を直接的に生やす内服薬ではなく、あくまでも酵素の働きを阻害して抜け毛の発生を食い止めているに過ぎないので、薄毛の症状が進行した男性は特に変化が得られないことがあります。

その点、ミノタブには血管拡張作用があり、血液の流れを促して髪の毛を生やすサポートをしてくれるため、2つの医薬品の併用が効果的なのです。

「世界最強の発毛剤」「ミノタブ以上に生える育毛剤はない」とまで言われており、AGA対策として取り入れてみる価値は大いにあるのではないでしょうか。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

>>> ミノキシジルタブレットの詳細はこちら

 

プロペシアとミノタブの副作用について

上記では、プロペシア単体ではなく、ミノタブを併用することによって更に大きな効果が期待できると説明致しました。

しかし、2つの内服薬を服用することにより、副作用のリスクが高まりやすいので十分に注意しなければなりません。

もちろん、プロペシアと飲み合わせの悪い薬は存在しないので、重篤な症状で悩まされる心配はないはずです。

それでも、ミノキシジルは元々は血圧降下剤ということで、低血圧の男性が服用すると心臓に大きな負担が加わります。

持病を持っていない方でも、ミノタブはプロペシアと比べて効果が高い反面、全身の毛が濃くなる多毛症や心臓がバクバクする動悸、眠気やふらつきといった副作用のリスクが高いのです。

確かに、外用薬としてミノキシジルを塗布するだけでは十分に吸収されないため、身体の内側から直接取り入れるミノタブは理に適っております。

それでも、副作用のリスクが高く、ミノタブを育毛剤として認可している国はないので、使用の際には十分に注意してください。

「低血圧」「肝臓の機能が弱っている」「薄毛がそこまで深刻ではない」という人は、ミノタブではなくプロペシアだけでAGAの改善を試みるべきです。

 - プロペシアと関係のある育毛剤