プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと免疫力低下

   

プロペシアの服用により、免疫力の低下が引き起こされるのではないかという不安を抱えている男性はいらっしゃいます。

確かに、プロペシアは内服薬なので抜け毛の抑制という本来の効果以外の副作用が引き起こされたとしても不思議ではありません。

しかし、プロペシアの添付文書や製造販売を行っているMSD社のホームページでは、副作用の項目の中に免疫力低下という記載はありませんでした。

そもそも、プロペシアは副作用が少なく身体への負担も軽減された医薬品なので、用法と用量さえしっかりと守っていれば不快な症状で悩まされることはないのです。

免疫力が低下して風邪やインフルエンザといった病気を患いやすくなっているのならば、プロペシアの服用ではなく以下のような原因が考えられます。

・加齢によって体内臓器が萎縮したり免疫細胞の活力が低下したりする
・運動不足で身体を動かす機会が少ない
・腸内環境が乱れている
・ストレスの増幅で自律神経のバランスが崩れている
・満腹になるまで食べて白血球の働きが低下している
・1日中座りっぱなしで代謝が遅れている
・部屋やオフィスの空気が汚れている
・冷たい食べ物や飲み物ばかり食べている
・睡眠不足が続いていて身体の回復力が低下している

上記のように、日常生活の中に問題があると免疫力低下が引き起こされやすく、風邪などの体調不良を訴えやすくなります。

食生活の乱れや睡眠不足など不規則な生活を続けていると、病気や体調不良を患うリスクが高まりやすいのは何となく想像できるはずです。

これらの要因で免疫力が低下し、その状態でプロペシアのような内服薬を服用すると、効果が弱まったり副作用が引き起こされやすくなったりするかもしれません。

プロペシアに限らず、どの医薬品も体調が良好な状態での臨床試験しか実施されておらず、病気を患った状態でどのような症状が引き起こされるのかは分からないのです。

そのため、プロペシアによる薄毛改善効果を高めるためにも、免疫力を高めて病気を患いにくい身体を維持する努力をしましょう。

大根に含まれているジアスターゼ、長芋に含まれているムチン、ヨーグルトの代表的な成分の乳酸菌、小松菜に含まれているクロロフィル、納豆や豆腐などの大豆製品に含まれているイソフラボンは免疫力低下を防いでくれます。

他にも、「適度のアルコール摂取を心掛ける」「喫煙は控える」「良質な睡眠を取る」「ストレスを発散させる」という対策を行い、免疫力を高める努力を行ってみてください。

 - プロペシアと関係のある症状・病気