プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと人間ドック

   

自分の身体の健康状態を知る検査の一つが人間ドックで、「健康異常に対する早期発見と健康保持」が大きな目的となっております。

20代や30代の若者は受けたことがないとしても、40代や50代の男性で病気を早期発見するために医師から人間ドックを受けるようにと指示された方はいらっしゃるのではないでしょうか。

1年ごとに1回以上が義務付けられた健康診断とは大きく異なり、法的な定義は無く自分の意思で受けるというところが人間ドックの特徴です。

そこで、人間ドックを受けるに当たり、「AGA治療薬のプロペシアを服用しているけれど大丈夫なの?」という疑問を抱えている男性は多いかもしれません。

確かに、プロペシアは基本的に毎日服用しなければならない内服薬で、定期的に摂取することでフィナステリドを体内に取り入れて脱毛を予防してくれます。

フィナステリドが酵素の5αリダクターゼの働きを抑えてくれるので、プロペシアの服用で結果的に脱毛を引き起こすDHTが産生されにくくなるのです。

もし、人間ドックの項目で血液中の成分を調べて腫瘍が発生しているかどうか判断する前立腺がんの腫瘍マーカー検査を受ける場合は、あらかじめ医師にプロペシアを服用している旨を伝える必要があります。

プロペシアを服用していると血液の中のPSA値に変動が生じ、検査結果を正確に判断できなくなるのです。

これでは前立腺がんを患っているかどうか判断できないので、担当の医師に告げなければならないのはお分かり頂けるでしょう。

それ以外の人間ドックの検査ならば特に問題はないので、今までと同じようにプロペシアを服用してAGAの対策を行ってください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、上記では人間ドックで前立腺がんの腫瘍マーカー検査を受ける場合、プロペシアを服用していることを伝えなければならないと説明致しました。

もし、フィナステリドを摂取しているとPSA値が正常値の半分程度になり、精密検査が必要でも異常なしと判断されるので危険です。

病院や検診に行った際に、服用している薬を医師に告げるのを忘れてしまうケースは決して少なくありません。

それに、プロペシアの場合はAGA治療薬ということで、「恥ずかしいから医師に告げたくない」と考える男性が多いはずです。

それでも、前立腺がんの腫瘍マーカー検査のように人間ドックの項目によっては内服薬が影響を及ぼすため、恥ずかしがらずに服用している内服薬を正確に医師へと伝える必要があります。

人間ドックでは「呼吸器」「腎臓」「肝機能」「脂質代謝」「糖代謝」「尿酸」など様々な項目を調べるため、プロペシア以外にも内服している医薬品があれば事前に告げておいてください。

 - プロペシアのメカニズム