プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとロキソニン

      2018/02/01

プロペシアとロキソニンの飲み合わせは大丈夫なの?

解熱鎮痛消炎剤として第一三共ヘルスケアから販売されているのがロキソニンで、一度は聞いたことがあるかもしれません。

ロキソニンの中にはロキソプロフェンナトリウム水和物が含まれており、痛みや熱の原因物質を素早く抑えてくれます。

胃への負担が少ないプロドラッグ製剤なのにも関わらず、1回の服用でそれなりの効果を得られるところが大きな特徴です。

このロキソニンを服用するに当たり、プロペシアとの飲み合わせは大丈夫なのかどうか不安を抱えている方はいらっしゃいます。

プロペシアは長期間に渡って服用する内服薬なので、AGAの治療を行っている最中に身体に痛みが生じてロキソニンを服用しなければならない状況は起こり得るはずです。

しかし、プロペシアには併用禁忌の薬が設定されておらず、解熱鎮痛剤のロキソニンと一緒に服用できます。

用法と用量を守っていればどちらの医薬品も副作用のリスクが少ないため、身体に不快な症状を引き起こすことなく、痛みを和らげたり抜け毛を抑えたりできるのです。

とは言え、アレルギーや喘息をお持ちの方、肝臓や腎臓の機能が弱っている方がロキソニンを服用すると症状が酷くなるかもしれません。

内服薬である以上、肝臓に負担をかける可能性は少なからずあるため、プロペシアにしてもロキソニンにしても医師の指示を仰いだ方が良いのです。

どちらも入手困難な医薬品というわけではなく、個人輸入代行業者やドラッグストアで簡単に手に入れられますが、自分勝手な判断での服用は絶対に避けてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、ロキソニンは1回に1錠から2錠までが原則で、あまりにも多く服用すると胃が荒れるので十分に注意した方が良いでしょう。

用法を守らなければならないのはプロペシアも一緒で、1日に1錠と定められております。

1日に2錠や3錠を服用しても得られる効果が2倍3倍に跳ね上がるわけではありませんし、副作用のリスクだけ高まって非常に危険です。

また、頭痛や生理痛といった症状に効き目のある「ロキソニンS」と、胃に優しい成分がプラスされた「ロキソニンSプラス」の2種類が販売されており、どちらが自分の症状に合っているのか医師に尋ねてみた方が良いかもしれません。

プロペシアにしてもロキソニンにしても、これから飲み合わせが危険な医薬品が登場するかもしれないので、不安な方は医師の指示に従って服用してください。

 - プロペシアと関係のある薬