プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアはLOH症候群の原因になる?

      2016/10/26

LOH症候群とは?どんな症状?

LOH症候群とは男性更年期障害のことを指し、男性ホルモンのテストステロンの分泌低下が原因で身体には様々な変化があらわれます。

「更年期障害は閉経を迎える女性だけが引き起こされるのではないか?」とイメージしている方は多いかもしれません。

しかし、実は男性でも40代や50代にかけて発症することがあり、LOH症候群による症状の大まかな例を見ていきましょう。

  • 筋力低下や筋肉痛
  • 疲労感や倦怠感
  • 火照りや発汗
  • 男性機能の低下
  • 性欲減退
  • 起床時の勃起の消失
  • 何かとイライラする
  • 不安感やうつ症状
  • 不眠症などの睡眠障害
  • 集中力や記憶力の低下

テストステロンは筋力の維持や性欲の上昇と深く関わっており、このホルモンが減少するからこそ上記のような症状で悩まされるのです。

LOH症候群は決められた症状が出るわけではなく、男性によって個人差があります。

プロペシアの服用が原因でLOH症候群になるの?

プロペシアはAGAの治療薬として代表的で、アメリカの製薬会社が開発してから現在では日本以外にも世界中で服用されるようになりました。

実はプロペシアの服用が原因でLOH症候群を発症するのではないかと噂が飛び交っており、不安を感じている男性はたくさんいます。

これは恐らく、プロペシアが少なからず男性ホルモンへと影響を及ぼすからです。

①プロペシアを飲んで悪玉男性ホルモンのDHTが減少する
②本来の目的通り抜け毛や薄毛を予防してAGAの治療に繋がる
③一方で男性ホルモンの分泌量が低下する
④加齢による影響と合わさってLOH症候群を発症する

実際に、AGA治療を始めてからED(勃起不全)や精力減退、うつ状態といった症状に陥った男性はいます。

医薬品である以上は副作用のリスクがありますし、LOH症候群の原因になるのは強ち嘘ではなさそうです。

プロペシアは男性ホルモンに直接影響を与えない

関係性がないとは言い切れないものの、プロペシアは男性ホルモンへと直接影響を与えるわけではありません。

あくまでも還元酵素の5αリダクターゼを阻害してDHTの産生を防いでいるだけで、男性ホルモン自体の分泌量は変わらないのでLOH症候群のリスクは少ないのです。

もちろん、LOH症候群で日常生活に支障が出るケースはあるため、医師の指示に従って以下のような流れで治療を受けるのは選択肢の一つでしょう。

①医師による問診や国際前立腺症状スコアで症状をチェックする
②採血によるPSA検査や前立腺触診を受ける
③LOH症候群と診断されればテストステロン補充療法を受ける
④注射薬としてはテストステロンデポー薬が代表的
⑤数ヶ月間に渡って治療を受けて注入を続けるかどうかは医師の判断次第

それでも、単純に年齢を重ねただけの影響とも考えられますし、必ずしもプロペシアが引き金になるとは限らないのです。

危険な医薬品が日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでAランクという高い評価を得られるわけがないので、当サイトでご紹介しているオオサカ堂をおすすめします。

オオサカ堂では医療機関よりも遥かに安い価格でプロペシアが販売されており、個人情報をネット上で入力するだけなので一度注文してみてください。

 
>>> プロペシアの詳細はこちら
 

 - プロペシアのデメリット