プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとレーシック

   

プロペシアの服用中にレーシック治療を受けられるのかどうか、悩んでいる男性はいらっしゃいます。

レーシックとは角膜屈折矯正手術の一種で、エキシマレーザーで角膜を削り、角膜のカーブを変えて視力を回復させる方法です。

近年では術後の痛みの少ないレーシック手術が実施されるようになり、約90%以上の人が1.0以上の視力を得られたというデータがあります。

しかも、他の目の病気を引き起こさない限り、手術で得られた視力はそのまま一生持続するため、画期的な手術だと言えるのではないでしょうか。

このレーシックは大掛かりな手術ではないため、プロペシアを服用していても特に問題はありません。

目の中にレーザーを照射させるだけですし、プロペシアを服用していようが手術に影響が加わることがないのはお分かり頂けるはずです。

プロペシアだけではなく、ミノキシジルタブレットや頭痛薬など、他の内服薬を服用していたとしても安全にレーシックの手術を受けられます。

視力を回復させる手術としてレーシックは画期的な治療なので、個人の判断に応じて受けてみる価値は十分にあるはずです。

しかし、完璧な治療法というわけではなく、レーシックには以下のようなデメリットがあります。

・長期予後はまだまだ不明なところが多い
・角膜を削る治療なので術後に元に戻すことはできない
・三叉神経という知覚神経を切除する際に切れてドライアイになる
・保険適用外の手術なので高額な費用を支払わなければならない
・担当医師の技術力の違いによって結果に差が開く
・夜間視力が落ちたり乱視が入ったりというトラブルのリスクがある

上記のように、レーシックは100%安全性の高い治療法というわけではなく、多少なりともリスクがあることを覚悟しなければなりません。

プロペシアの服用や専門クリニックでの自毛植毛と同じように、保険が適用されない手術という点では一緒で、両目で16万円~30万円と医療機関によって差が生じております。

安ければ安いほど良いわけではなく、医師の技術力によって手術を受けるクリニックを比較するのがベストです。

まだまだ不明なところが残る手術でもあるので、レーシック手術の実績が多いクリニックを探し、治療を実際に受けてみてください。

 - プロペシアと関係のある症状・病気