プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと休肝日

      2018/02/01

kyuukambi

これはプロペシアを服用している男性に限った話ではありませんが、肝臓への負担を少しでも和らげるために、1週間に1回程度は休肝日を設けた方が良いでしょう。

休肝日とは日常的にお酒を飲んでいる人が、自分の健康のためにアルコールを全く摂取しない日のことを指し、お酒が原因で死亡するリスクを大幅に避けられます。

日頃の飲酒量が適量を越えていると、アルコールは肝臓で分解されるので大きな負荷が加わるのです。

しかも、AGA治療でプロペシアやミノキシジルタブレットを服用していると、その負担はもっと大きくなるかもしれません。

お酒はタバコとは違って身体に悪い飲み物ではありませんが、過剰摂取を毎日のように続けていれば肝臓病や循環器疾患など健康被害が引き起こされやすくなります。

アルコールの分解量には限界があるため、肝臓を休めるためにも休肝日を設けた方が良いのです。

一定量のアルコールを摂取し続けることで、以下のような病気のリスクが一気に高まります。

脂肪肝:1日に5合以上の飲酒を続けていると肝臓の細胞内の脂肪が増える
肝硬変:肝臓全体がブツブツに切られたような状態になる
高血圧:統計では1日に2合以上飲んでいると血圧が高くなる

私たちの肝臓は蓄えた糖分などを血液に送って全身に栄養を与えたり、脂質やコレステロールの数値のコントロールを行ったりしております。

その肝臓の機能が衰えるとコントロールがスムーズに行われなくなり、血液がドロドロになって動脈硬化のリスクが高まるとともに、毛細血管の循環が悪化して頭皮に栄養素が行き渡りにくくなって抜け毛や薄毛に繋がるのです。

これではプロペシアを毎日服用していても健康的な髪の毛を育てることはできないため、休肝日を設けることがいかに大事かお分かり頂けるのではないでしょうか。

きちんとしたデータがあるわけではないものの、「1日にビールは大瓶1本まで」「1日に日本酒は1合まで」と決め、1週間に2回の休肝日を設けていれば健康被害のリスクは下げられます。

定期的に休肝日を作ることでアルコール依存症の予防にも繋がり、「自分の意思で飲酒をしない」という気持ちを持つことが大事なのです。

「飲むのが当たり前」「毎日お酒を摂取するのが当然」という習慣がしみこんでいると、毎日飲まずにはいられなくなって、その結果アルコール依存症に陥りやすくなります。

抜け毛が増えて薄毛の症状が悪化する程度ならばまだしも、命の危険に関わるような病気を患うこともあるので、男性も女性もお酒の飲み過ぎには注意してください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアのメカニズム