プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと子作り

      2018/02/01

「プロペシアの服用で子作りに悪影響は生じるのか?」という疑問を抱えている男性はいらっしゃいます。

確かに、プロペシアの添付文書では、「本剤の薬理作用によって男子胎児の生殖器の正常発育に悪影響が及ぶ恐れがあるため、妊娠中の女性は絶対に服用してはいけない」と記載されておりました。

そのため、抜け毛や薄毛で悩んでいる女性でもプロペシアを服用してはいけませんし、他の方法で対策を練る必要があります。

しかし、子作りしている男性がプロペシアを服用しても、精液中への移行は極めて少ないため、赤ちゃんに悪影響が生じることはないのです。

実際に、プロペシアを服用しながら子作りをしている男性はいらっしゃいますし、1mgのプロペシアを1日に1回、6週間に渡って服用した際に精液の中に行き渡る確率は0.00076%以下と天文学的な数値だと判明しました。

つまり、男性がプロペシアを服用してAGAを治療する分には子作りには影響せず、女性の体内に入り込まないように注意していれば良いのです。

プロペシアは経口摂取だけではなく、砕いたりすると成分が飛び散って女性の体内に入り込む恐れがあるため、男性は砕かずにそのまま錠剤を服用するようにしましょう。

プロペシアを販売しているオオサカ堂の公式サイトでも、正しい服用方法が記載されているので、AGA治療を行う前にきちんと確認しておいてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、男性がプロペシアを服用していても、子作りには特に悪影響は生じないと上記では説明致しました。

しかし、プロペシアは抜け毛の原因となる活性型男性ホルモンのDHTを抑制する薬で、勃起障害や性欲減退、精子数の減少といった副作用が報告されております。

つまり、胎児に対して直接的な悪影響がなくても、男性ホルモンの分泌量が抑えられて精子減少が引き起こされるかもしれないので、妊娠する確率が低下しやすいのです。

副作用の出現率は1%以下と比較的安全性の高い内服薬ですし、精子の量が減るだけで精子そのものに影響があるわけではありません。

それでも、「子作りには100%影響しない」と言い切ることはできないため、不安な方はしばらく服用をやめて赤ちゃんを授かってからプロペシアを服用してAGAの対策を行うべきです。

ただし、あなたが手にしたプロペシアが偽物や海賊品ならば、配合されているフィナステリドの量が異なり、通常よりも副作用のリスクが高まる可能性があります。

信頼できる個人輸入代行業者ならばまだしも、偽物を取り扱っている業者がゼロだとは言い切れないので、プロペシアの使用に不安を抱えるのならば専門医が在籍している病院を訪れてみてください。

 - プロペシアのデメリット