プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

後頭部へのプロペシアの効果

   

「プロペシアを毎日服用しているのに後頭部の薄毛を改善できない」と悩んでいる男性はいらっしゃいます。

もしかしたら、後頭部の薄毛はAGAが引き金ではなく、他の要因が絡んでいるかもしれません。

プロペシアの効果が高いと言われているのは、酵素の5αリダクターゼを阻害して脱毛を引き起こすDHTの産生を防いでくれるからです。

5αリダクターゼは前頭部や頭頂部といった場所に存在しており、産生されたDHTがヘアサイクルを狂わせたり毛乳頭を攻撃したりすることで抜け毛の量が増えていきます。

その根本的な要因のDHTを抑えられるからこそ、プロペシアは効果の高い内服薬ということで厚生労働省からも認可されているのではないでしょうか。

しかし、後頭部には5αリダクターゼは少なく、AGAによる薄毛が引き起こされにくい箇所なので、プロペシアの効果を得られなかったと考えられるのです。

後頭部の薄毛の要因としては以下が挙げられます。

・血行不良による栄養供給の減少
・不規則な食生活
・精神的なストレスによる血行不良
・自己免疫疾患による円形脱毛症
・過剰な皮脂分泌が原因の脂漏性皮膚炎

上記のように、後頭部の薄毛は男性ホルモンではなく、他の要因が絡んでいるケースが多くなっております。

プロペシアの服用で髪の毛を直接的に生やせるわけではなく、酵素の働きを抑えてDHTを抑制できる内服薬なので、後頭部の薄毛には効き目がないことはお分かり頂けるはずです。

そのため、後頭部の薄毛で悩んでいる男性は、プロペシアではなく他の対策を練って症状を和らげる努力をした方が良いのではないでしょうか。

円形脱毛症ならば精神的なストレスを和らげ、脂漏性皮膚炎ならば皮膚の清潔を心掛けながらステロイド剤を使用するなど、引き起こされている症状によって適した対策は異なります。

自己判断では回復へと結び付かないかもしれないので、何が原因で後頭部の薄毛が引き起こされているのか分からないのならば専門医の診察を受けてみるべきです。

例えば、頭皮の1ヵ所や数ヶ所に10円玉の脱毛が形成される円形脱毛症は、個人の症状に合わせてドライアイス法やPUVA療法、ナローバンドUVBなど複数の治療方法が用意されております。

自宅でストレスを発散しているだけでは症状が改善されず、逆に悪化することも十分にあり得るので、専門医から正しい処置の方法を伺った方が良いというわけです。

以上のように、「薄毛=AGA」というわけではありませんし、プロペシアの効果が得られないケースも十分にあるので、不安な方は一度病院を訪れて専門医の診察を受けてみてください。

 - プロペシアの部位