プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアの効果は切れるの?

      2018/02/01

1mgのプロペシアの服用により、1年後は58%、2年後は68%、3年後には78%の男性に薄毛改善効果が見られ、現状維持できた人を含めればもっと数値は高くなります。

しかし、このデータは毎日プロペシアを服用した場合に限り、途中で服用をやめれば効果は切れるので注意しなければなりません。

臨床試験のデータは毎日服用した場合に限りますし、プロペシアの中に含まれた有効成分のフィナステリドが体内へと残るのは24時間だと考えられております。

つまり、プロペシアを服用して半年間程度で抜け毛が減ったという効果を得られたとしても、その後に中止すれば効果は切れるだけではなく、以前と同じ状態に戻ってAGAの症状は進行していくのです。

あくまでも医薬品の効果で脱毛を引き起こすDHTの産生を防いでいるだけに過ぎず、どんな方法でもAGA自体を治せるわけではないところが最も厄介なのではないでしょうか。

これはプロペシアに限った話ではなく、ミノキシジルの育毛剤やAGA専門クリニックで実施されている発毛メソセラピーといった治療にも該当します。

効果が出た後にその効果がどのくらい継続するかのデータは出ていないものの、数ヶ月で服用をやめたり1週間おきに飲んだりしていても抜け毛や薄毛の改善に繋がらないのは事実です。

当サイトでは個人輸入代行業者のオオサカ堂をご紹介しており、どこよりも格安の価格でプロペシアが販売されているので、抜け毛や薄毛を克服するために長期間に渡って飲み続けてみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、プロペシアは何も特効薬というわけではありませんし、上記でも説明したように薄毛を改善できたからといって服用をやめると効果は切れるので、次第に元の状態に戻ります。

もちろん、抜け毛が増えて薄毛の進行がゆっくりと進むように、元の状態に戻るスピードも遅いのが特徴です。

これはプロペシアの服用で髪の毛を生やしているわけではなく、男性ホルモンの働きを抑える薬なのが大きな理由で、服用を中止すれば当然のように体内から有効成分のフィナステリドは抜けていきます。

このように聞くと、「薄毛を克服するには死ぬまでプロペシアを飲み続けなければならないのか?」という疑問を抱くかもしれません。

確かに、原理的には間違っていないものの、3年間や4年間の服用で改善できたら、後は2日に1回や3日に1回など徐々に減らすことはできます。

最終的に医薬品に頼らない育毛法ができれば、薄毛に戻ることなく今の状態を維持できるのです。

それに、薄毛自体は絶対に治さなければならない病気ではありませんし、「60歳を過ぎて歳相応だからハゲていても問題ない」と思うことができれば、無理に内服薬の服用を続けないようにしてください。

 - プロペシアの効能