プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと記憶障害

   

全ての男性が引き起こすというわけではありませんが、AGA治療薬のプロペシアを服用することで記憶障害になるという噂が飛び交っておりました。

記憶障害とはその名の通り、過去に体験した出来事についての記憶が抜けることを指しており、自覚できないのが大きな特徴です。

プロペシアの添付文書を見てみると、副作用の項目の中には男性機能や皮膚症状に関するものが多く、記憶障害とは一切記載されておりません。

あくまでも2chの掲示板などの噂ですし、プロペシアを服用してAGAの治療を行っていくうちに記憶が消えていくのならばもっと以前から問題視されております。

しかし、とあるウェブサイトでは服用をやめて数週間後から数ヵ月後に副作用の症状が再発するPFS(ポストフィナステリド症候群)により、記憶障害が引き起こされると表記されておりました。

普通に考えれば医薬品の副作用は服用している時だけに引き起こされるはずですが、以前からアメリカでもPFS(ポストフィナステリド症候群)に関する研究は実施されております。

そのホームページの中には、確かにプロペシアの服用を中止することで一定期間後に以下のような症状が引き起こされる可能性があると記載されていたのです。

・精神及び神経に異常が生じる
・深刻な記憶障害が生じる
・勃起不全や精子減少が生じる
・激しい動悸や倦怠感で悩まされる
・集中力が低下する
・うつ症状があらわれる
・不眠症で悩まされる

数ヶ月間で緩和する男性がいれば、何年間が経っても症状がおさまらないケースもあるようです。

このように聞くと怖い医薬品だと考えるかもしれませんが、正しい用法と用量を守って服用していれば不快な症状で悩まされることはないでしょう。

当サイトでは、プロペシアを格安の料金で販売しているオオサカ堂をご紹介しているので、公式サイトで詳細を確認してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、プロペシアは厚生労働省やアメリカのFDAから認可されており、世界的に注目を集めている男性型脱毛症の治療薬となっております。

そのプロペシアの服用で副作用が引き起こされる確率は約2%と低く、更にその数%の確率でPFS(ポストフィナステリド症候群)で悩まされるのです。

つまり、無理な飲み方さえ避けていればPFS(ポストフィナステリド症候群)を発症し、記憶障害で悩まされるような心配はありません。

医薬品を使わずに抜け毛や薄毛の症状を改善しようと努力するのは大事ですが、進行すればするほど難しくなります。

そのため、自分の身体の状態を良くチェックしながらプロペシアやミノキシジルタブレットなどを服用して薄毛を克服してみてください。

 - プロペシアのデメリット