プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアの効果の期間

      2018/02/01

プロペシアの効果が出るまでの期間について

AGA治療薬のプロペシアの効果が出るまでの期間がどのくらいなのか、疑問を抱えている男性は多いはずです。

確かに、どんな男性でも薄毛の治療のためにプロペシアを服用するのならば、なるべく短期間で効果が出て欲しいと考えます。

飲み始めてから数年間も効果が得られないようならば、「服用しても意味がないのでは?」と考えるかもしれません。

医薬品によって得られる効能には個人差があるので一概には説明できないものの、プロペシアの効果が出るまでの期間は大よそ半年間程度だと言われております。

プロペシアは体内からゆっくりと改善を図っていく内服薬ですし、毛髪の成長サイクルとも深く関わっているため、劇的な効果は得られないと心得ておくべきです。

早い人ならば、プロペシアを服用して2ヶ月から3ヶ月程度で、「抜け毛が少し減ったかも」「産毛が生えてきたかも」という変化を得られます。

しかし、個人の体質によっては服用してから半年間が経過しても特に変化がないケースもありますし、育毛に関しては早期解決できる問題ではないため、余裕を持った見通しが大切なのです。

つまり、プロペシアを服用して変化が得られないからといって1ヶ月や2ヶ月でやめてしまえば、本来の効果を実感できなくなるので注意しましょう。

この事実を知らないとストレスが溜まって症状が悪化する可能性がありますし、精神的な問題は育毛と密接な関係性があります。

焦らずにきちんと計画性を持ってAGA治療を行っていれば、ある期間を過ぎてプロペシアの服用をやめても理想の毛髪を維持できるようになるので、長期服用で正常なヘアサイクルを取り戻すべきです。

当サイトでは、格安の料金でプロペシアを販売している個人輸入代行業者のオオサカ堂をご紹介しているので、公式HPで詳細を確かめてみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

プロペシアの効果が続く期間について

プロペシアの効果が出始めるまでの期間だけではなく、「プロペシアの効果が続く期間はどのくらいなの?」という疑問を抱えている男性もいらっしゃいます。

プロペシアには確かに抜け毛抑制効果があり、長期間に渡って服用を続けることで増毛も期待できるのです。

還元酵素の5αリダクターゼの働きを抑えてくれるのがプロペシアの最大の効果で、脱毛を引き起こすDHTが作られにくくなれば抜け毛の発生を食い止められます。

しかし、いつまでも同じ効果が続くわけではなく、プロペシアを服用してから1年目を境にして4年目以降は増毛効果が半分程度に落ちることが分かりました。

このデータはあくまでも平均値ですし、個人の体質によって大きく異なるので一概には説明できません。

それでも、半永久的に同じ効果が得られる内服薬ではなく、「プロペシアを飲み続ければ髪の毛が生え続ける」という魔法の薬ではないのです。

それに、プロペシアは何よりも継続するのが最も大事で、1日に1錠の摂取を毎日同じ時間に続ける必要があります。

最初は飲み忘れてしまうことがあるかもしれませんが、少しずつ日常の一部として取り扱って、ゆっくりと薄毛を克服する努力を行ってみてください。

 - プロペシアの効能