プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアの欠点

   

AGA(男性型脱毛症)の治療として日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでAランクの評価を得ており、厚生労働省の認可も得ているプロペシアは抜け毛や薄毛で悩む男性の助けとなります。

2005年に厚生労働省から認可されて以来、皮膚科やAGA専門クリニックで処方されるようになり、プロペシアを服用して薄毛の対策を練っている男性は多いはずです。

そんなプロペシアに欠点があるのかどうか、疑問を抱えている方は多いかもしれません。

そこで、以下ではプロペシアの欠点を幾つか挙げてみたので、服用してAGAの対策を行う前に確認しておいてください。

 

副作用のリスクがある

プロペシアの副作用というページでも詳しくご説明しましたが、プロペシアには副作用のリスクがあるという欠点があります。

薬剤の中では副作用のリスクが小さいため、ほとんどの男性が安全に服用可能です。

それでも、内服薬という点では変わりありませんし、「性欲の減退」「男性機能の低下」「肝機能障害」「粘膜の過敏症」「精液の減少」といった症状が報告されております。

副作用の発症率は1%~3%と非常に低いものの、これらの症状が引き起こされる可能性があると添付文書では記載されておりました。

特に、肝臓の機能が低下している人には服用自体が勧められていないので、不安な方は個人輸入代行業者ではなく、病院を受診して専門医の指示を仰いでください。

 

育毛効果は得られない

プロペシアの服用を1年間2年間と続けて、産毛が生えてきたり髪の毛が太くなったりという症状を確認できた男性はいらっしゃいます。

しかし、基本的には発毛を促すのではなく、酵素の働きを抑えて抜け毛の発生を食い止める効果しかないため、育毛効果は得られないという欠点があるのです。

服用を続けて髪の毛が生えたという意見は口コミでも掲示板でも良く聞くものの、それはブレーキがなくなったことによる成長で、毛髪の伸び率が上昇したというわけではありません。

科学的に効果や有効性が認められている内服薬なのは間違いないものの、過度の期待をプロペシアに寄せていると、いざ飲み続けて変化が得られなかった際のショックは大きくなります。

それに、20代や30代で引き起こされる若ハゲならばまだしも、進行した薄毛にはあまり効き目がないので、プロペシアだけではなく発毛を促すミノキシジルが含まれた育毛剤も併用してみましょう。

 

効果が確認できるまでに時間がかかる

服用してから効果が確認できるまでに時間がかかるのも、プロペシアの欠点の一つとなっております。

「抜け毛が増えた」「産毛が生えてきた」「薄毛の進行がストップした」という効果を得るには、どんなに短くても3ヶ月以上は毎日欠かさずに服用しなければなりません。

医療機関では半年間以上の服用が勧められており、頭痛薬や風邪薬のように服用して直ぐに効果が出るわけではないのです。

私たちの髪の毛は「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」というヘアサイクルを繰り返しており、このヘアサイクルの期間を考えれば変化を得るまでに時間がかかるのはお分かり頂けるのではないでしょうか。

ある程度の期間に渡って飲み続けるだけではなく、正しい方法で服用するという点にも気を配るべきです。

 - プロペシアのデメリット