プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと血液検査

      2018/02/01

皮膚科やAGA専門クリニックでプロペシアの処方を受ける場合、必ずと言ってよいほど最初に血液検査が実施されます。

「医薬品を服用するだけだから血液検査なんて必要ない」と考える男性は多いかもしれません。

しかし、プロペシアは内服薬である以上、肝機能に対する何かしらの支障が生じます。

特に、内服薬は全て肝臓で分解されるため、肝臓の機能が低下している男性がプロペシアを服用すると、十分に分解や排泄が行われず、体内に悪影響が生じる可能性があるのです。

そこで、「肝臓に疾患がないかどうか?」「肝臓がプロペシアの服用に耐えられるのか?」といった内容を調べるために、医療機関では血液検査が実施されております。

この血液検査をパスしてプロペシアを服用しても問題がないと判断されれば、専門医から処方されてAGAの治療をその日から始められるのです。

皮膚科によっては血液検査が実施されていないところがあるかもしれませんが、知らず知らずの間に肝臓の機能が弱まっているケースは十分にあるので、今は健康体の男性でも念のために血液検査を受けておいた方が良いでしょう。

当サイトではプロペシアの販売を行っている個人輸入代行業者のオオサカ堂をご紹介しており、医療機関のように血液検査料金や初診料を支払う必要がないため、格安の費用で入手できます。

それでも、「プロペシアの服用が可能なのか?」「自分の体質に合った治療方針なのか?」といった内容は分からないので、不安な男性は一度病院を訪れてみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、プロペシアを処方するに当たって医療機関で実施されるのが、血液検査と遺伝子検査の2種類です。

今現在の頭皮の状態を確かめるためのマイクロスコープ検査と合わせて、これらの検査が実施されております。

この2つは同じ検査というわけではなく、血液検査が肝機能の状態をチェックする目的なのに対して、遺伝子検査はAGAの発症率やフィナステリドの感受性を調べるために行われるのです。

プロペシアはAGAの治療薬ということで、男性ホルモン以外が原因の円形脱毛症やびまん性脱毛症には効き目がありません。

全ての抜け毛や薄毛の症状がAGAと関わっているわけではないので、本当にAGA(男性型脱毛症)が関わっているのかどうか確かめるために、遺伝子検査を行います。

プロペシアに含まれている有効成分のフィナステリドが効くかどうかも調べられるので、闇雲にAGA治療を実施するのではなく、最初に遺伝子検査を受けてから治療方針を考えるのがベストなのではないでしょうか。

 - プロペシアのメカニズム