プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと献血

   

プロペシアの服用で献血できない理由について

プロペシアの服用中の男性は献血できないと日本赤十字社では定められており、この理由はフィナステリドが妊婦さんに行き渡るのを防ぐためです。

プロペシアは男性専用の内服薬で、女性は絶対に服用してはいけないと言われております。

もし、男児を妊娠している女性がプロペシアを服用した場合、有効成分のフィナステリドが男性ホルモンのDHTの産生量を抑え、赤ちゃんの生殖器に異常が生じるリスクが増すのです。

妊娠中ではなくても、女性に輸血されると問題があるため、プロペシアを服用している男性は献血できず、AVODART(アボダート)やPROSCAR(プロスカー)といった医薬品も該当します。

他にも、以下に該当する方は献血できないと日本赤十字社のホームページで記載されておりました。

・抜歯など出血を伴う歯科治療を受けた
・不特定の異性との性的な接触が半年間以内にあった
・男性の方で半年間以内に男性との性的な接触があった
・海外から帰国して4週間以内の方
・輸血や臓器の移植を以前に受けたことがある
・C型肝炎ウイルスやエイズウイルスを保有している
・以前にC型肝炎やマラリアにかかったことがある
・美容皮膚科でプラセンタエキスの注射を受けた

輸血が必要な方に安全に提供するのが献血の目的なので、上記のように詳しく条件が設定されております。

それぞれの献血できない理由をこのページで詳しく説明するのは難しいですが、自分は献血を受けるに値するのか自分なりに考えてみてください。

 

プロペシアの服用で献血できない期間について

医薬品の服用で献血できない期間に関しては、日本赤十字社の献血におけるガイドラインで詳しく明記されております。

Merck社が製造したPROPECIA(プロペシア)とPROSCAR(プロスカー)は1ヶ月間、Glaxo Smith Kline社が製造したAVODART(アボダート)は6ヶ月間です。

プロペシアの服用中はもちろんのこと、一時的に服用を中止していても1ヶ月以上は経過していないと断られます。

プロペシアの中に含まれているフィナステリドは24時間ほど体内に残るものの、完全に抜けきるには1ヶ月程度がかかるので、この期間内は献血できないと設定されているのではないでしょうか。

献血を行う前には、「医薬品を服用しているかどうか?」「不特定多数の人と性行為をしたかどうか?」といった個人の生活に関する質問が幾つかなされます。

これは血液を欲している人に安全に輸血するために欠かせないことなので、偽らずに正しく回答してください。

 - プロペシアのデメリット