プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアの服用で毛深くなるの?

   

「プロペシアの服用で頭髪だけではなく他の部位も毛深くなるのではないか?」という不安を抱えている男性はいらっしゃいます。

確かに、プロペシアを服用して産毛が生えたり毛量が増加したりという効果を得られるため、すね毛や胸毛なども増えると考えるかもしれません。

しかし、プロペシアは発毛を直接的に促すのではなく、脱毛を引き起こす男性ホルモンのDHTを抑制できる内服薬なので、毛深くなることは基本的にないのです。

体毛が濃くなるような副作用はプロペシアの添付文書でも一切記載されておりませんでしたし、そもそも頭髪だけに作用するというメカニズムになっております。

プロペシアの服用によって体内に有効成分のフィナステリドが行き渡り、その影響で脱毛を引き起こすDHTを抑制できるのです。

それに、直接的にDHTを減らすのではなく、酵素の5αリダクターゼに作用するのがプロペシアの特徴ですし、この酵素は頭頂部や前頭部など頭皮しか存在しません。

つまり、プロペシアの服用を長期的に続けたとしても毛深くなることはありませんし、「髭の処理が大変になった」というケースはほとんど見られないはずです。

他の副作用の発症率も低く、効果と安全性の両方を持ち合わせたAGAの治療薬なので、当サイトでご紹介している個人輸入代行業者のオオサカ堂を利用してプロペシアを購入してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、頭髪にのみ作用するプロペシアとは異なり、ミノキシジルタブレットは全身に作用します。

血管を拡張させて毛髪の成長を促す内服薬がミノキシジルタブレットで、AGA治療薬としては認められていないため、個人輸入代行業者を利用して購入している男性はいらっしゃるはずです。

塗布タイプのミノキシジルが含まれた育毛剤ならば頭髪にしか影響を及ぼさないものの、ミノキシジルタブレットは内服する形となるため、毛深くなるという副作用があります。

ミノキシジルタブレットの服用で多毛症を引き起こすのは有名な話で、「すね毛や胸毛が濃くなった」「まつ毛が長くなった」と感じている男性は少なくありません。

多毛症になっても構わない男性ならばミノキシジルタブレットはおすすめですが、頭髪以外の場所にも影響を及ぼす可能性があると心得ておくべきです。

また、ミノキシジルタブレットは得られる効果が大きい代わりに、副作用のリスクも高いというデメリットがあります。

全身が毛深くなるだけではなく、動悸や眠気、倦怠感といった症状で悩まされるかもしれないので、自分の体調を考慮しながら服用を続けてください。

 - プロペシアに関するFAQ