プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと風邪薬

      2018/02/01

プロペシアはホルモン系の代謝と深く関わる内服薬で、酵素の5αリダクターゼの働きを抑え、活性型男性ホルモンのDHTを抑えてAGAの進行をストップさせられます。

一方で、風邪薬は発熱や頭痛といった症状に対して神経系刺激の伝達を抑制し、その不快な感覚を誤魔化してくれる作用があり、日常生活の中で服用したことのある人は多いはずです。

このプロペシアと風邪薬は代謝される経路が大きく異なるため、同時に併用しても特に問題はありません。

プロペシアによる副作用のリスクが上がったり、風邪薬の効能が下がったりという弊害はなく、安心して併用できます。

元々は海外で前立腺肥大症の治療薬として使われていたプロペシアには約20年間の実績があり、併用に関するデータが豊富なので「風邪薬とは相互作用しない」と言いきれるのです。

風邪薬だけではなく、頭痛薬や鎮痛剤との併用も特に影響はなく、健康に害が出ることは絶対にないでしょう。

とは言え、内服薬である以上、何かしらの弊害はあり、プロペシアや風邪薬を服用すると眠気が生じます。

2種類の内服薬を服用すれば、副作用が組み合わさって強烈な眠気で悩まされるかもしれないので、服用した後は車の運転といった危険行動は控えるべきです。

また、一口に風邪といっても様々な症状があり、以下のようにその時の状態に合わせて服用する医薬品を選ばなければなりません。

風邪の引き始め:葛根湯エキス細粒V
発熱や悪寒:新ルル-K錠、ルルアタックFX
喉の違和感:イントウェル 内服カプセル、ペラックT錠、新アズローチ
咳や痰:ベンザブロックせき止め錠 、パイロンIPA
鼻水や鼻づまり:ストナデイタイムカプセル
吐き気や胃腸障害:ハリープラス錠SK
熱や痛みが合わさった症状:新ハリーエース錠V、パブロンエースAX錠

上記のように、ドラッグストアではたくさんの種類の風邪薬が販売されており、個人の症状に合わせて決める必要があります。

どの市販薬も穏やかな作用が期待できるため、服用によって大きな副作用で悩まされることはありません。

それでも、医薬品という点では何ら変わりはないため、どの市販薬を使って風邪の症状を改善すれば良いのか分からないという方は、医師の診察を受けるべきです。

当サイトでご紹介しているオオサカ堂ではプロペシアや風邪薬など多数の医薬品を取り扱っており、医師の処方箋がなくてもネット通販で購入できます。

特に、プロペシアは医療機関を受診して処方してもらうとなると高額な費用がかかりやすいので、オオサカ堂で購入してAGA対策を始めてみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアと関係のある薬