プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと肝機能

      2018/02/01

プロペシアの服用によって引き起こされる副作用の一つが肝機能障害で、肝臓の機能に異常が生じる症状となっております。

プロペシアに限らず、医薬品は肝臓で分解されるため、元々肝機能が弱っている男性が服用すると悪影響が生じるのです。

肝機能障害の発症率は非常に少なく、男性機能の低下や性欲減退の方が引き起こされやすいかもしれません。

それでも、肝臓は沈黙の臓器と呼ばれており、何かしらの障害が引き起こされていても自覚症状があらわれないため、肝臓の機能に異常が既に生じている男性はプロペシアではなく別の方法でAGA対策を行うべきです。

頭痛薬や風邪薬といった医薬品とは異なり、プロペシアでAGAの治療を行う場合は原則的に毎日1錠を服用します。

プロペシアに含まれている有効成分のフィナステリドは体内に24時間しか残留しないため、「数日間に1回」という飲み方では大きな効果が得られないのです。

つまり、薬を分解するために肝臓に負担が加わるため、プロペシアの服用で肝機能障害が報告されているのではないでしょうか。

しかし、他の内服薬と比べればプロペシアの肝機能障害の発生率は少なく、正しい飲み方を続けていれば副作用のリスクを下げられます。

「中々効果が出ないから1日に2錠を飲もう」「身体が慣れてきたから回数を増やそう」と自分勝手な判断で服用量を増やすのは危険です。

当サイトでご紹介している個人輸入代行業者のオオサカ堂でも1日に1錠の服用が推奨されているので、用法と用量をしっかりと守って抜け毛や薄毛の症状を和らげられるように努力してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、私たちの肝臓は以下のように、生きていくために欠かせない働きを担っております。

代謝:食事から摂取したタンパク質や脂肪を体内で貯蔵し、必要な時にエネルギーとして供給する

解毒:アルコールや老廃物といった体内にとって有害な物質を分解して、悪影響が引き起こされないように無毒化する

胆汁の生成や分泌:老廃物を流すために必要な胆汁の生成や分泌を行い、食べ物の消化吸収を助ける

肝機能障害を患うと上記のような働きがスムーズに行われなくなり、ウイルス肝炎や肝細胞がん、肝硬変といった病気に繋がります。

そのため、肝臓の機能に異常が生じている男性は、プロペシアの服用が禁じられているのです。

肝機能の状態は血液検査で知ることができ、肝細胞に存在しているALTやAST、肝臓や腎臓で作られる酵素のγ-GTPといった数値を調べていきます。

AGA専門クリニックで薄毛で悩む男性にプロペシアを処方する場合、最初に血液検査を行うのは医薬品が身体に悪影響を与えるかどうか判断するためです。

素人ではプロペシアの服用で安全にAGAの治療を行えるかどうか分からないので、不安な男性は医師が在籍しているAGA専門クリニックへと足を運んでみてください。

 - プロペシアのデメリット