プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと漢方薬

      2018/02/01

プロペシアを服用しながら漢方薬で体質改善を図り、抜け毛や薄毛の症状を抑えていくのは選択肢の一つです。

漢方薬は体質改善によって身体に引き起こされている不調を緩和していく医薬品なので、AGAの直接的な治療に繋がるというわけではありません。

それでも、血行不良を引き起こしていたり、身体の中に熱が溜まったりして薄毛の症状が進行しているケースは少なくないため、漢方薬を服用するのは非常に適しております。

プロペシアと飲み合わせの悪い医薬品は特に設定されておりませんし、漢方薬は穏やかな作用が得られるという特徴があるため、副作用のリスクが倍増するようなことはないはずです。

プロペシアの添付文書の中にも併用禁止薬品は記載されておらず、たくさんの臨床試験の結果でその点に関しては証明されております。

プロペシアの服用でDHTを抑えて抜け毛を減少させ、漢方薬で体質改善を図って髪の毛がしっかりと成長しやすい状況を作れば、少しずつAGAを克服できるというわけです。

とは言え、個人の症状や体質によって、適した漢方薬には大きな違いが生じております。

 

<栄養が髪の毛に行き届いていないタイプ>
・十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)
・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

<血液の流れが滞っているタイプ>
・加味逍遥散(かみしょうようさん)
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

<身体の中に熱を溜め込んでいるタイプ>
・黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

<冷え性で血行不良が引き起こされているタイプ>
・安中散(あんちゅうさん)
・大建中湯(だいけんちゅうとう)
・冠元顆粒(かんげんかりゅう)

 

上記のように、個人の症状に合わせた漢方薬を服用すれば、体質改善を図って健康的な髪の毛を育てられます。

同時に内服薬のプロペシアを服用すれば、抜け毛の原因を根本的に抑えられるため、AGAの直接的な対策に繋がるというメカニズムです。

しかし、漢方薬の場合はプロペシアとは大きく異なり、たくさんの種類の医薬品が販売されております。

有名な漢方薬を漫然と服用すれば良いわけではなく、個人の体質にピッタリなものを使わなければ大きな効果を得ることはできません。

穏やかな作用が期待できる医薬品とは言え、漢方薬でも多少なりとも副作用のリスクはあります。

そのため、薄毛の改善のために漢方薬の服用を考えている方は、医師や薬剤師に相談してから種類を決めなければならないのです。

どれが自分に合っているのか分からないという方は、当サイトでご紹介しているオオサカ堂でプロペシアを購入してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアと関係のある薬