プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアの過剰摂取

      2018/02/01

プロペシアはAGAの治療薬として世界中で普及しており、有効成分のフィナステリドが酵素の5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの産生を防いで抜け毛を抑制してくれます。

とは言え、プロペシアの効果は直ぐにあらわれるわけではなく、最低でも半年間は1日に1錠を服用しなければならないのです。

頭皮や髪の毛への変化が遅いということで、「プロペシアを過剰摂取すれば良いのではないか?」と考える男性は多いかもしれません。

確かに、フィナステリドを取り入れる量が多ければ多いほどDHTの産生を防げる形となるので、この考えは理に適っております。

しかし、プロペシアを飲む量や飲む回数を増やしてフィナステリドを過剰摂取しても、効果が2倍3倍と膨れ上がるわけではないので注意が必要です。

プロペシアの添付文書では、「1日に1錠のプロペシアを服用する(0.2mgでも1mgでも同じ)」と記載されておりました。

過剰摂取しても抜け毛の抑制スピードが速まるわけではありませんし、むしろ副作用のリスクを高める形となるので非常に危険です。

過剰摂取しても1週間や2週間といった短い期間では髪の毛や頭皮に変化はあらわれませんし、ヘアサイクルの関係上、どんなAGA治療でも時間がかかります。

そのため、プロペシアにしてもミノキシジルにしても、時間をかけてゆっくりと改善していくようにしましょう。

当サイトでご紹介しているオオサカ堂を利用すれば、医療機関で処方されるよりも安い価格でプロペシアを入手できるので、公式ホームページで料金をチェックしてみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、前立腺肥大症の治療薬として使われているのがプロスカーで、プロペシアと同じようにこの内服薬の中にもフィナステリドが配合されております。

しかも、プロペシアが1mgのフィナステリドしか含まれていないのに対して、プロスカーには5mgも配合されているのです。

しかし、上記でもご説明したように、フィナステリドは1日に1mgしか摂取できない決まりとなっており、プロスカーをそのまま服用すれば過剰摂取に繋がります。

もし、個人輸入代行業者でプロスカーを購入してAGA治療に役立てようと考えているのならば、ピルカッターを使って4分割か5分割にしなければなりません。

プロスカーはヨーロッパ向け市場の医薬品ならば約4,000円という格安の料金で販売されており、更に4分割か5分割で服用すればAGA治療にかかるコストを削減できます。

ただし、AGA治療として認可されているフィナステリドが含まれた内服薬はプロペシアだけですし、プロスカーを使うのは多少なりともリスクがあるので十分に注意してください。

 - プロペシアのデメリット