プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアの回数を減らす時に押さえておくべきポイントは?

      2018/02/01

プロペシアの回数を減らす時に押さえておくべきポイントとは?

プロペシアの回数を減らす時に押さえておくべきポイントとは?

プロペシアなどのAGA治療薬は、何も一生飲み続けなければならないわけではありません。

プロペシアに限らずフィンペシアやザガーロなど他の内服薬にも該当しますが、続けるのかどうかは個人の判断によって決まるのが特徴ですね。

  • AGAの治療薬⇒薄毛を克服したい男性だけが飲み続ける
  • 病気の治療薬⇒その病気が治るまで服用し続けなければならない

こういった違いがあり、プロペシアの回数を減らすのは選択肢の一つとなっています。

そこで、以下ではプロペシアの回数を減らす時に押さえておくべきポイントをまとめていますので、今も服用中の男性も一度確認しておきましょう。

 

毎日飲まなくても効果は期待できる

プロペシアは毎日飲まなくても、一定の効果は十分に期待できます。

基本的には1日に1錠を服用するのが正しい飲み方で、継続によって髪の毛へとどんな変化が引き起こされるのか大まかにまとめてみました。

  • プロペシアの服用で体内へと有効成分のフィナステリドが行き渡る
  • 還元酵素の5αリダクターゼが阻害される
  • テストステロンと結合して産生されるDHT(ジヒドロテストステロン)を防ぐ
  • ヘアサイクルの乱れが解消され、抜け毛の本数が少なくなる

5αリダクターゼを抑える効果はフィナステリドによる力ですので、2日おきや3日おきなど回数を減らしても抜け毛の予防効果は出ますよ。

「AGAを絶対に克服して若い頃の髪の毛を取り戻したい!!」と考えている男性は、回数を減らすのではなく毎日1錠をしっかりと飲み続けるべきです。

しかし、次のように考えている男性は身体への副作用のリスクを考慮し、無理にプロペシアを飲み続けなくても良いでしょう。

  • AGAの治療を継続して大分髪の毛が復活した
  • 50代を超えて歳相応の髪の毛を維持するだけで良い
  • まだ若ハゲが一気に進行していないから少しずつ試したい

抜け毛や薄毛は命の危険に関わるような症状ではないので、自分の目的やAGAの症状に合わせて飲み方を決めるべきです。

 

回数を減らすと抜け毛の抑制効果は下がる

プロペシアを服用する回数と減らすと、以下のように抜け毛の抑制効果は当然のように下がります。

  • 毎日飲んでいる⇒DHTを阻害するフィナステリドがきちんと体内に行き渡る
  • 1日おきに服用している⇒フィナステリドは24時間で体内から消滅するため、DHTを阻害する効果は少し下がる
  • 1週間おきに服用している⇒フィナステリドによる抜け毛抑制効果はほとんど期待できず、AGAの症状は確実に進行する

50代や60代になってハゲても不思議ではない年齢になったのであれば、性欲減退や肝機能障害など副作用のリスクを負ってまで飲み続けることに意味はありません。

それでも、前頭部や頭頂部の薄毛で悩んでいてどうにか回復を目指している場合は、回数を減らさずに1日に1錠という目安摂取量を守るべきですね。

現在では病院やクリニックへの受診ではなく、オオサカ堂などの個人輸入代行サイトで簡単にプロペシアを購入できるようになりました。

Amazonや楽天市場など通販サイトで買い物をする感覚で購入できますので、まずはオオサカ堂の公式ホームページへとアクセスしてみてください。

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

プロペシアの服用をやめた方が良い男性の特徴

プロペシアを飲む回数を減らすのではなく、服用をやめた方が良い男性は少なからずいます。

以下ではそんな男性の特徴を幾つか挙げてみました。

  • 子作りを考えている(副作用として性欲減退や勃起障害のリスクがある)
  • 半年間に渡って毎日服用しても効果が出なかった
  • 男性ホルモンの抑制でうつ症状や憂鬱な気分など副作用が辛い
  • AGAの症状が進行していて投薬療法では回復が難しい

副作用の症状が酷い人や手遅れのAGAで悩む男性は、プロペシアの服用ではなく別のAGA治療を選択すべきですね。

プロペシアの服用はあくまでもAGA治療の一つですので、他の方法にも焦点を当てて理想のヘアスタイルをキープできるように努力しましょう。

 - プロペシアに関するFAQ