プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

海外製と国内製のプロペシア

      2018/02/01

「海外製のプロペシアと国内製のプロペシアには違いがあるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

認知度が高まってAGAの治療として欠かせない存在となったプロペシアですが、「国内製は安全でも海外製の医薬品には余計な成分が含まれているのではないか?」という不安を抱える男性は多いはずです。

一般的に、国内製のプロペシアはMSD株式会社(旧万有製薬)が製造しており、アメリカといった海外製のプロペシアはメルク社が製造しております。

MSD株式会社(旧万有製薬)はメルク社の子会社なので、有効成分に違いはなく、フィナステリドが含まれている点では一緒です。

それに、海外製のプロペシアの中に特別な添加物が含まれていることもないため、期待できる効果も引き起こされる副作用も全て一緒だと言えるのではないでしょうか。

日本で流通しているのは国内製のプロペシアで、薬局やドラッグストアでは販売されていないため、医療機関を受診して医師から処方してもらう形となります。

AGAの治療は保険が適用されないと決められており、これはどんな方法でも該当するため、クリニックごとにプロペシアの薬代や診察料を独自に設定でき、だからこそ値段に違いが生じているのです。

良心的なクリニックでも薬代だけで7,000円~9,000円という費用を支払わなければならないため、多くの男性は個人輸入代行業者を利用して海外製の医薬品を購入しているのかもしれません。

当サイトでご紹介しているオオサカ堂はどの業者と比較しても信頼できるので、5,600円という価格で販売されているプロペシアを購入してAGA対策を行ってみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、医療機関でプロペシアを入手するとなると高い費用がかかるだけではなく、診察や処方の手間もかかるため、国内製ではなく海外製のプロペシアをネットで注文しているのです。

当サイトでご紹介しているオオサカ堂の場合、4種類の製造国からプロペシアが販売されております。

アメリカ製:1箱5,600円
オーストラリア製:1箱4,700円
イギリス製:1本14,500円
ニュージーランド製:1箱11,100円

どの海外製のプロペシアも成分は基本的に一緒なので、毎日服用することでDHTの産生量を抑え、抜け毛や薄毛の予防に繋げられます。

製造国によって異なるものの、アメリカ製とオーストラリア製のプロペシアは病院の処方よりも価格が圧倒的に安く、AGA治療にかかるコストを削減できるのです。

にも関わらず、AGA専門クリニックで処方してもらっている男性はいらっしゃいますが、これは個人輸入代行業者を利用するのに多少の不安が残るからかもしれません。

個人輸入で購入する場合、日本製のプロペシアを入手できないだけではなく、「副作用が出ても自己責任」「偽物や偽造品の可能性がある」というリスクがあります。

無名な個人輸入代行業者の場合、偽物を消費者に販売して儲けているところが少なからずあるのです。

当サイトでご紹介しているオオサカ堂は18年の実績があるので問題はないのですが、少しでも不安を抱えている男性は、医療機関で国内製のプロペシアを処方してもらってください。

 - プロペシアの種類