プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと花粉症

   

kafunshou

プロペシアやフィンペシアなどのAGA治療薬と、花粉症の薬を併用しても良いのかどうか気になっている方は多いはずです。

「プロペシアの効果が薄れるのではないか?」「プロペシアの副作用で悩まされやすくなるのではないか?」という不安を抱えるかもしれません。

しかし、現時点ではプロペシアの中に含まれているフィナステリドと併用が禁止されている医薬品はなく、花粉症の薬を同時に服用することはできます。

マスクだけで花粉が飛び交う季節を乗り切るのは少々難しいため、症状の重い方は医薬品に頼るはずです。

そんな時でも相互作用を気にする必要はありませんし、プロペシアでAGAの改善を図りながら花粉症の薬を服用し、快適な生活を手に入れることができます。

抗アレルギー薬:ヒスタミンの発生と放出を抑えて症状が出るのを遅くする
処方薬:病院で処方される花粉症の薬で、アレジオンやアレグラが代表的
抗ヒスタミン薬:ヒスタミンの働きに作用してくしゃみや鼻水を和らげる
市販薬:ドラッグストアで購入可能で、ハイガードやアルガードシールドが代表的
ステロイド剤:非常に強力な効果でアレルギー反応を抑える
点鼻薬:鼻の粘膜の血管を収縮させて空気を通りやすくして鼻づまりを和らげる

上記のように、花粉症の薬には様々な種類が存在し、個人の症状や体質に合ったものを使用することで不快な症状を緩和できます。

どの花粉症の薬でも正規品のプロペシアやジェネリック医薬品のフィンペシアなど、AGA治療薬との相互作用は確認されていないため、安心して服用できるのです。

プロペシアだけではなく、塗布タイプのミノキシジルが含まれた育毛剤や、内服タイプのミノキシジルタブレットも花粉症の薬との相互作用についての報告はありません。

医薬品の併用が安全ならば、当然のようにサプリメントといった健康食品との飲み合わせも可能で、栄養補給のために毎日の生活に取り入れてみるのは選択肢の一つです。

花粉症は主に鼻や目に引き起こされる症状が多く、薄毛とは何の関連性もないと考えるのではないでしょうか。

しかし、アレルギー疾患の一種という点では一緒で、花粉症の症状のタイプによっては頭皮の痒みやむくみが生じ、結果的に抜け毛や薄毛に繋がる場合があります。

頭皮の痒みを我慢できずに掻き毟れば頭皮環境は悪化しますし、むくみによって血管が圧迫されれば血行不良が生じるのです。

そのため、抜け毛や薄毛の原因を自分から作らないためにも、冬から春にかけての季節は花粉症対策を怠らないように注意してください。

 - プロペシアと関係のある症状・病気