プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと女性化

      2018/02/01

プロペシアの服用により、乳房の女性化といった症状が報告されております。

乳房の女性化はプロペシアの服用中にのみ引き起こされる副作用で、女性のように胸が膨らんでAカップ程度の大きさになったという男性は少なくありません。

これは恐らく、プロペシアが男性ホルモンに働きかけて生成量を減少させ、抜け毛の発生を食い止める内服薬だからです。

プロペシアを服用すると有効成分のフィナステリドが全身に行き渡り、酵素の5αリダクターゼの働きが阻害されて脱毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)が産生されにくくなります。

DHTがAGAの根本的な原因と言っても過言ではなく、この活性型男性ホルモンの量を抑えられるからこそ、プロペシアの服用によってAGAの対策に繋がるというメカニズムです。

男性ホルモンを減らすような内服薬ではなく、酵素に働きかける医薬品ですが、男性ホルモンよりも女性ホルモンの方が優位になりやすく、その影響で乳房の女性化といった症状が引き起こされやすくなります。

プロペシアの服用で必ずしも乳房の女性化が引き起こされるわけではありませんが、内服薬である以上は副作用や後遺症は無視できないのです。

個人の体型にもよって乳房の女性化が生じるのかどうか異なるものの、どうしても避けたいのならばプロペシア以外の方法でAGA対策を行いましょう。

プロペシアで髪の毛がフサフサになったという男性は少なくても、抜け毛を減らして現状維持できる効果は紛れもない事実なので、当サイトでご紹介しているオオサカ堂で一度購入してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、乳房の女性化はプロペシアの副作用だけではなく、思春期男児の生理的な変化や更年期による内分泌や代謝異常が原因で引き起こされやすくなっております。

女性のように大きく育つことはないものの、胸が膨らんでいる状態は男性にとって不快極まりないですし、シコリがあらわれたり痛みを感じたりするケースもあるのです。

遺伝的な要因やホルモンバランスの乱れによっても生じやすく、乳腺自体が発達してしまった場合は乳腺切除法と呼ばれる手術を医療機関で受けなければなりません。

傷跡が目立ちにくい乳輪の下半分の皮膚を切開し、乳腺組織と脂肪を切除する手術で、60分間から90分間と施術時間は短く、麻酔によって痛みを感じることはないので安心です。

プロペシアの服用で手術が必要なほどの乳房の女性化が引き起こされることはないものの、不安な方はAGA専門クリニックを受診して医師へと相談してみてください。

 - プロペシアのデメリット