プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアの持続効果

      2018/02/01

プロペシアの服用を始めて効果がピークに達するのは約2年後と言われており、それから先は今の状態を持続する形となります。

プロペシアを飲めば飲むほど髪の毛が生え続け、10代の頃のフサフサの状態に戻るというわけではありません。

プロペシアに限らず、ミノキシジルが含まれた育毛剤の使用にも該当する話ですが、医薬品でも得られる効果には限界があります。

特に、プロペシアは発毛効果を得るというよりも、脱毛の大きな要因となるDHTを作らせにくくする内服薬なので、ツルっぱげの状態から髪の毛を増やすのは難しいと心得ておくべきです。

また、プロペシアの効果が持続するのは飲み続けている間で、途中で服用をやめれば元の状態に戻りやすいという点もきちんと把握しておかなければなりません。

「プロペシアの有効成分のフィナステリドが体内に残っている時間(血中濃度を保てる時間)=プロペシアの効果が得られている時間」と考えられます。

フィナステリドは大よそ24時間前後体内に残り続けるという特徴があり、プロペシアの効果を持続するためには24時間に1回のペースで服用しなければならないのです。

経済的なコストを抑えるために、「3日に1回服用しよう」と考えている男性はいらっしゃいます。

しかし、薄毛の症状がそこまで進行していない男性ならばまだしも、40代や50代で著しく抜け毛が進んでいる中高年の男性は、1日に1錠を持続しなければ大きな変化は得られないのです。

当サイトでご紹介しているオオサカ堂ならば、どの個人輸入代行業者よりも安い価格でプロペシアを入手できるので、ここで購入して薄毛の治療を始めてみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、上記ではプロペシアを服用して成分が体内に残っている状態が効果を得られる期間だと説明しました。

つまり、逆に言えばプロペシアを飲み続けていれば、抜け毛抑制効果を持続させられるのです。

短期間で劇的な薄毛改善効果を得られないということで、直ぐに服用を諦めてしまう男性はいらっしゃいます。

確かに、抜け毛の減少や薄毛の改善など、目に見える変化が得られないのにも関わらず医薬品を毎日飲み続けるのは辛いかもしれません。

しかし、プロペシアの臨床試験の結果では、服用してから3ヶ月当たりで症状の改善が見られ、6ヶ月から12ヶ月の間に効果が明らかになることが分かりました。

数多くのAGA治療の中でも、プロペシアの服用は日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでAランクの評価を得ております。

育毛シャンプーや育毛サプリメントのように不確かな効果しか得られないわけではないので、理想の毛髪を手に入れるためにも根気良くプロペシアの服用を続けてみてください。

 - プロペシアの効能