プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと腎臓

   

「プロペシアで腎臓に悪影響はあるの?」「プロペシアの服用で腎臓の副作用は引き起こされるの?」という疑問を抱えている男性はいらっしゃいます。

肝機能や男性機能の低下だけではなく、プロペシアの服用によって腎臓への影響が懸念されておりますが、特に関係性はありません。

プロペシアの添付文書では、副作用として男性不妊症や精子濃度減少、睾丸痛といった症状が記載されておりましたが、腎臓に関する内容は一切ありませんでした。

主にプロペシアのような内服薬は肝臓で代謝されるため、腎臓に悪影響が加わるリスクは非常に低いというわけです。

それでも、腎臓と髪の毛に何も関係性がないというわけではないので、腎機能が弱っている男性は注意が必要となります。

腎臓は血液の中の汚染物質を排泄する重要な働きを担っており、この機能が低下すれば血液を浄化できなくなってドロドロの状態となり、頭皮に行き渡る酸素や栄養素の量が滞るため、抜け毛や薄毛の原因に繋がるのです。

人間の髪の毛が健康であるためにはビタミンやミネラルなど十分な栄養素が必要で、きちんと行き渡ることで強さやツヤを維持できます。

つまり、腎臓に大きな負担が加わってろ過機能が正常に行われなくなれば、弱々しくて抜けやすい髪の毛が増えやすいので注意した方が良いでしょう。

他にも、腎臓は体内の水分と電解質の調節といった機能を担っており、腎炎(腎臓の炎症)や腎結石、腎臓がんという病気を患えば、身体には様々な悪影響が生じます。

プロペシアによる影響はなくても、加齢によって機能がだんだんと低下することは十分に考えられるので、内臓の働きを低下させないように日常生活の送り方にも細心の注意を払わなければならないのです。

「尿の泡立ちが目立つ」「褐色のような濃い色味の尿が排出される」「身体にむくみが生じる」「トイレが近くなった」という症状の方は、腎機能が弱っているサインだと言えます。

いくらプロペシアの服用で抜け毛の抑制を図っていても、髪の毛の成長が滞っていれば薄毛の改善には結び付かないので、内臓の健康を維持することがいかに大事かお分かり頂けるはずです。

腎臓の機能低下を引き起こさないためにも、「塩分やタンパク質の摂取を制限する」「高血圧にならないように管理する」「貧血を改善する」「脂質代謝の管理を行う」という対策を毎日の生活で練ってみてください。

 - プロペシアと関係のある症状・病気