プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアはいつ飲むの?

      2018/02/01

プロペシアを服用してAGA治療を考えている男性の中で、「内服薬のプロペシアはいつ飲むのがベストなの?」「いつ飲むと効果が上がるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

せっかく高い費用を支払ってプロペシアを購入し、副作用のリスクを負って医薬品を服用しているので、少しでも効果を高めたいと考えるのは普通です。

しかし、結論から言えばプロペシアはいつ飲むのも自由で、「胃酸の影響を受けないために食前に服用しなければならない」「胃への刺激を減らすために食後に服用しなければならない」という決まりはありません。

他の内服薬の場合、胃のコンディションを整える食欲増進剤は「食前」、空腹の状態で服用すると吸収が早くなりすぎる薬は「食間」、血糖値を下げる糖尿病の薬は「食後」とある程度の目安が定められております。

その点、プロペシアではそのような明確な指示がなされておらず、どの時間帯に服用したとしても効果に変化はないのです。

食事の前でも後でも、寝起きでも就寝前でも特に問題はなく、飲む時間帯よりも毎日1錠を服用し続けることが大事だと心得ておきましょう。

AGAの治療費を削減したいということで、1日おきや2日おきに飲みたいと考える気持ちは大いに分かります。

それでもある程度の効果は得られるものの、プロペシアの中に含まれるフィナステリドは24時間しか体内に残留しないという特徴があるため、抜け毛抑制効果をきちんと得たいのならば1日に1錠という用量を守ってください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、AGA治療薬のプロペシアは、いつ飲むのも個人の自由だと上記で説明致しました。

しかし、体内での血中濃度を一定にするためにも、日によって時間帯をずらすのはあまりおすすめできません。

間隔が短すぎればフィナステリドの過剰摂取に繋がりますし、間隔が長すぎれば十分な抜け毛抑制効果が得られなくなります。

フィナステリドは24時間に渡って体内に残留するという特徴を考慮するのならば、24時間サイクルで服用するのがベストなのです。

もし、お仕事で忙しい時間帯にプロペシアを飲んでしまうと、服用の時間を確保できない日があって飲み忘れに繋がるかもしれません。

そのため、なるべく忙しくない時間帯に毎日服用するという習慣を生活の中に馴染ませることが大事で、継続して服用していれば少しずつ効果があらわれるはずです。

 - プロペシアに関するFAQ