プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとイソフラボン

      2018/02/01

プロペシアの服用だけではなく、大豆製品の中に含まれているイソフラボンの摂取が薄毛対策には良いと言われております。

イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするという特徴があり、摂取によって男性ホルモンの働きを抑制してくれるのです。

もちろん、男性ホルモンは男性が生きていくために欠かせない存在なので、イソフラボンの過剰摂取は危険かもしれません。

それでも、適度な摂取ならばプロペシアの効果と合わさってDHTの産生を防いでAGAの対策に繋がりますし、髪の毛や肌にツヤを与えるという作用も得られます。

男性とは少々関係のない話かもしれませんが、女性の薄毛対策としてもイソフラボンは注目を集めているのです。

プロペシアを飲んでいるだけでAGAを改善できるほど甘い症状ではないため、普段の食生活の中で栄養素をバランス良く摂取することにも焦点を当てた方が良いのではないでしょうか。

髪の毛がしっかりと成長するためにはイソフラボンだけではなく、アミノ酸やビタミン類、ミネラル分など数多くの栄養素が必要となります。

食事のバランスに気を配りながらプロペシアを飲んでいれば、AGAによる抜け毛や薄毛の症状を克服できるので、是非一度試してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、薄毛の改善のために、イソフラボンだけではなく唐辛子の中に含まれているカプサイシンも同時に摂取するのが適しております。

カプサイシンの摂取によって血管拡張作用が得られるため、毛母細胞に行き渡る栄養素の量は増えますし、発毛成長因子のIGF-1を活性化してくれるのです。

しかし、カプサイシンの摂取でCGRPが放出されて成長因子が活性化される仕組みですが、一定量放出されると無くなってしまうのがデメリットかもしれません。

そこで役立つのが納豆や豆腐など大豆製品の中に含まれているイソフラボンで、失われるはずのCGRPを増やす働きを持っております。

カプサイシンとイソフラボンの同時摂取で直接的な発毛効果を得られるわけではないものの、発毛を促す命令は下せるので毎日の食生活でバランス良く取り入れる価値は十分にあるはずです。

以上のように、AGAはプロペシアのような医薬品だけではなく、毎日の食生活の中で改善を図れるということがお分かり頂けるのではないでしょうか。

栄養素のバランスに気を配るのは抜け毛や薄毛の対策だけではなく、健康的な身体を手に入れるためにも欠かせないので、一度自分の食生活を見直してみてください。

 - プロペシアと関係のある成分・栄養素