プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと医療費控除

      2018/02/01

「AGA治療薬のプロペシアは医療費控除の対象になるの?」という疑問を抱えている男性は多いはずです。

医療費控除とは支払った医療費の一部を税金から控除することを指し、負担額が多ければそれだけ確定申告の際に返ってきます。

プロペシアの服用に限らず、AGAの治療は長期間に渡って行わなければならず、高額な費用を費やすこともあるので医療費控除の対象となればありがたいと感じるはずです。

結論から言えば、プロペシアの入手方法によって医療費控除の対象になるかどうか決まります。

確かに、プロペシアによるAGA治療は保険が適用されませんし、全ての治療費を自費で支払わなければなりません。

それは、薄毛治療全般が保険適用されないと国が定めているからで、プロペシアにしてもミノキシジルの育毛剤にしても一緒です。

しかし、薬事法的にはAGAだろうが単なる風邪だろうが、治療目的ならば医療費控除の対象として認めることになっており、医師の処方箋があってプロペシアを購入した場合は医療費控除の対象となります。

皮膚科やAGA専門クリニックを受診して専門医の診察を受け、その上でプロペシアを処方してもらってAGAの治療を始めている男性は医療費控除の対象になると考えて良いでしょう。

ただし、同じプロペシアでも医師の処方箋がなく、個人輸入代行業者から入手した場合は医療費控除の対象外となるので注意が必要です。

医療機関での処方よりも安い価格でプロペシアを入手できるのが個人輸入代行業者のメリットですが、医療費控除の対象外となるデメリットもあるので、どちらが良いのか考えてみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、医療費控除の計算方法は、「一年間に支払った医療費の合計」-「保険金などで補填される金額」-「10万円or所得が20万円以下の場合は金額の5%」となります。

ほとんどの場合は医療費が10万円を超えると適用してもらえますし、最高で200万円を控除できるのです。

医療機関でプロペシアを処方してもらったり、他のAGA治療を併用したりすれば1年間で10万円は超えるはずなので、保険が適用されないAGA治療でも医療費控除の対象となります。

ただし、医師の指示や処方箋があることが最低条件なので、上記でも説明したように個人輸入代行業者で海外の医薬品を購入した場合は対象になりません。

他にも、ビタミン剤や医薬品を含まない育毛剤、健康増進目的の育毛サプリメントの使用でAGA治療を行っていたとしても、医療費控除の対象にはならないので注意してください。

 - プロペシアのメリット