プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとインフルエンザ

      2018/02/01

インフルエンザで寝込んでいる時に、プロペシアを服用できるのかどうか気になっている男性はいらっしゃいます。

AGA治療薬のプロペシアは1日に1錠を服用するのが原則で、量は多くても少なくてもいけません。

1日に1錠を守って服用することで体内にフィナステリドが行き渡り、DHTが抑制されて抜け毛の減少に繋がるというメカニズムです。

しかし、風邪やインフルエンザで寝込んでいる状態で服用すると、「副作用が酷くなるのではないか?」という不安があります。

どのような症状のインフルエンザで悩まされているのかによって異なるものの、基本的にプロペシアと飲み合わせの悪い薬は存在しませんし、免疫力を下げるような副作用も確認されていないのです。

そのため、インフルエンザの薬を服用しながら、内服薬のプロペシアや育毛剤のミノキシジルを使用し、AGAの対策を今までと同じように進められます。

インフルエンザの治療薬としては内服薬のタミフルやシンメトレル、吸入薬のリレンザやイナビル、点滴薬のラピアクタが挙げられ、専門医の指示によって処方されるという流れです。

どの医薬品もプロペシアとの相互作用はありませんし、毎日服用しなければ抜け毛を抑制してAGAの克服には至らないので、自分の体調を考慮しながら飲み続けた方が良いでしょう。

当サイトでは個人輸入代行業者のオオサカ堂をご紹介しているので、格安の料金で販売されているプロペシアを購入してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、インフルエンザの治療薬として内服薬を処方してもらっている場合、プロペシアを服用していると2種類の内服薬を体内へと取り入れる形となります。

つまり、それだけ内蔵にかかる負担は大きくなるので、安全だと分かっていても念のためにかかりつけの医師にプロペシアを飲んでも良いのかどうか伺ってみるべきです。

また、上記でも説明したようにプロペシアと飲み合わせの悪い医薬品は存在しないため、AGAの治療中でもインフルエンザの予防接種を受けることはできます。

予防接種による効果が弱まったり、プロペシアの副作用のリスクが高まったりという危険性はありません。

しかし、プロペシアの有効成分のフィナステリドは妊娠中の女性にとっては危険な存在で、血液の中に溶け込んで全身を巡る形となるため、プロペシアを服用中の男性は献血できないので注意が必要です。

フィナステリドがお腹の胎児の生殖器に悪影響を与えるため、プロペシアだけではなくプロスカーやアボダートを服用している方も献血は禁じられております。

日本赤十字社では献血を受けてはいけない人の条件を公式サイトで記載しているので、一度確認してみてください。

 - プロペシアと関係のある症状・病気