プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアは一日で変化があらわれるの?

      2018/02/01

「プロペシアは一日で変化があらわれるの?」という疑問を抱えている男性はいらっしゃいます。

確かに、直ぐにAGAによる抜け毛や薄毛を克服したいと考えている男性が多いはずですし、一日で克服できるに越したことはありません。

しかし、プロペシアによる髪の毛や髪質の変化は一日であらわれることは絶対になく、どんなに短くても3ヶ月以上は服用しなければならないと考えられております。

AGAの治療を患者さんに提供している専門医も半年間以上に渡ってプロペシアを服用するべきだと推奨しており、短期間で変化を得ることはできないのです。

一日どころか、1週間や2週間でも変化を得るのは難しく、これは髪の毛が生えたり抜け落ちたりするヘアサイクルと密接な関わりがあります。

1本の毛髪が成長して最後に毛根から抜け落ちるまでの期間をヘアサイクルと呼び、平均すると4年間から6年間という長い期間があるのです。

ヘアサイクルは「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」の3種類で構成されており、プロペシアを服用しても成長期を著しく伸ばすことはできません。

そのため、一日や1週間といった短い期間では変化はあらわれませんし、1日に1錠という用法と用量を守って長期間に渡って服用を続けなければならないのです。

そこで、プロペシアの服用を続けることで、髪の毛や身体にどのような変化が引き起こされるのか期間別に説明していきましょう。

服用してから3ヶ月:実感に至らないケースもあるものの生え際に変化が生じ始める
4ヶ月~6ヶ月:産毛が太くなり始めて抜け毛の減少が感じられるようになる
7ヶ月~1年間:明らかに脱毛の減少を感じ始めてボリュームの増加を実感できる
1年間~3年間:急速な改善は落ち着き、安定して抜け毛や薄毛が改善されていく
服用してから4年目以降:毛髪の増量といった変化は見られないものの、服用をやめればAGAの症状は数年前と同じように進行していくので、改善された頭髪の維持と切り替えて治療を続ける必要がある

個人の体質によって得られる変化は異なるものの、プロペシアの服用によるAGAの治療は上記のように期間が長ければ長いほど得られる効果は高くなります。

3ヶ月間の服用で変化が得られなかったという男性でも、6ヶ月目から毛髪のコシやハリが変わったと実感するケースはあるため、1ヶ月や2ヶ月で変化が生じないからといって諦める必要はないのです。

プロペシアだけの対策に不安が残るのならば、自然派成分が含まれた無添加の育毛剤や、医薬品成分のミノキシジルが含まれた育毛剤を併用してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアに関するFAQ