プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとイブプロフェン

      2018/02/01

イブプロフェンは解熱作用や鎮痛効果、炎症を抑える力を持った医薬品で、非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAID)のことを指します。

市販で販売されている頭痛薬の中にも配合されている成分で、プロペシアと併用が可能なのか気になる方は多いはずです。

基本的にプロペシアと飲み合わせの悪い薬は存在しないため、イブプロフェンと併用しても効果が下がったり副作用が強まったりという危険性はありません。

プロペシアを服用してAGA治療を続けていれば、体調が悪くなって解熱鎮痛剤を服用しなければならない状況は出てきます。

そのような状況でも、イブプロフェンが含まれた頭痛薬を服用し、症状の緩和を図ることは十分にできるのです。

イブプロフェンが体内に行き渡ることにより、痛みを知らせる物質のプロスタグランジンの産生が抑制されるため、優れた鎮痛効果が得られます。

他の痛み止めや解熱成分と比べて、抗炎症作用が強いところがイブプロフェンの特徴なのではないでしょうか。

稀に発疹や痒み、頭痛やめまいといった皮膚症状や神経症状が引き起こされるものの、イブプロフェンは副作用の少ない成分なので使い方を間違えていなければ安心して服用できるはずです。

エスエス製薬の「イブ」、ライオンの「バファリンプレミアム」、三宝製薬の「スパミロンエース」、資生堂の「ルッケル解熱鎮痛錠」といった医薬品の中にこの成分は配合されております。

プロペシアを服用しながらでも摂取できる成分なので、体調を和らげるために使用してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、プロペシアならばイブプロフェンと併用しても問題はありません。

しかし、全てのAGA治療薬がイブプロフェンと併用できるわけではなく、ミノキシジルタブレットとの飲み合わせは禁じられております。

血管拡張剤のミノキシジルが含まれた内服薬タイプのAGA治療薬がミノキシジルタブレットで、個人輸入代行業者で入手して服用している男性は多いはずです。

ミノキシジルが含まれた育毛剤を直接頭皮へと塗布するよりも、タブレットとして服用した方が高い効果が得られるのが大きな特徴なのではないでしょうか。

それでも、ミノキシジルは元々は血圧降下剤として使用されていたため、イブプロフェンと併用すると副作用のリスクが高まるのです。

ただでさえミノキシジルタブレットは身体への負担が大きな内服薬だと言われているので、この医薬品を使ってAGA対策を行う場合は自分の体調を小まめにチェックしてください。

 - プロペシアと関係のある薬