プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとホルモン剤

      2018/02/01

ホルモン剤とはその名の通りホルモンを補うお薬のことを指しており、更年期障害の治療のために女性ホルモン剤を投与して症状を緩和しようと試みている女性はいらっしゃいます。

女性ホルモンの減少によって更年期障害は発症し、火照りやのぼせのような自律神経失調症状、月経の周期が長くなったり短くなったりする月経異常、意欲の低下やイライラ感などの精神神経症状が引き起こされやすくなるため、ホルモン剤で女性ホルモンを補うのは効果的なのです。

女性ホルモン剤を投与すれば、減少を辿るエストロゲンやプロゲステロンを補うことができるので、不快な症状を和らげられるのではないでしょうか。

この原理と同じように、AGAで悩む男性の中にはプロペシアではなく、抗男性ホルモン剤を服用して症状を和らげたいと考えている方がいらっしゃいます。

確かに、プロペシアの服用では酵素の5αリダクターゼの働きを抑えられたとしても、男性ホルモンの分泌自体を抑制できるわけではありません。

そのため、抗男性ホルモン剤を使って分泌量を減少させ、薄毛の改善に役立てられないかという考え方は理に適っております。

しかし、男性ホルモン自体が薄毛の原因に働くわけではなく、酵素の5αリダクターゼによってDHTに変わることが大きな問題なのです。

それに、男性の睾丸で生成される男性ホルモンには、強い筋肉や骨格を作り出したり、精神の安定を図ったりと、生きていく上で欠かせない働きを担っております。

そのため、抗男性ホルモン剤でAGAの治療を試みるのではなく、安全性と有効性が確立されたプロペシアを使って抜け毛や薄毛の症状を和らげられるように努力してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、男性ホルモンを抑える薬はアンチアンドロゲンと呼ばれており、「ハイレス100」や「アンドロキュア」、「アルダクトン」や「シテロン」など様々な種類があります。

「血液中の男性ホルモンの数値を下げたい」「少しでも女性らしい身体を作りたい」「男らしさを取り除きたい」ということで、ホルモン剤を服用している方がいらっしゃるのです。

しかし、上記でも説明したように、これらの医薬品を服用したとしても、薄毛の原因を取り除けるわけではありません。

「おかまになりたい」という男性ならばまだしも、抜け毛や薄毛を解消するどころか、心と身体に不快な症状が引き起こされやすくなります。

男性が生きていくためには男性ホルモンは欠かせない存在なので、無理に分泌量を下げるような対策は行わない方が良いのです。

ホルモン剤を服用しなくても、医療機関や個人輸入代行業者で取り扱っているプロペシアを服用すれば、AGAの進行をストップさせられます。

発毛を直接的に促せるような内服薬ではありませんが、AGAは放置すれば自然と進行していく病気なので、症状をストップさせるような対策は重要なのです。

個人輸入代行業者のオオサカ堂ならば、格安の料金でプロペシアを入手できるので、AGA対策のために是非一度服用してみてください。

 - プロペシアと関係のある薬