プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアは保険が適用されるの?

      2018/02/01

「プロペシアはなぜあんなに値段が高いの?」という疑問を抱えている男性は多く、それは保険が適用されないと定められているからです。

風邪薬や頭痛薬、他の病気を治療する医薬品は保険が適用されるため、私たちは一定の控除を受けられます。

歯科医院での虫歯治療も保険が適用されるため、健康保険証を見せれば3割の費用を支払うだけで治療を施してもらえるのです。

その点、AGA治療薬として使われているプロペシアは国民健康保険も同じく適用外と定められており、患者さんは10割の負担を強いられるため、高い治療費を支払わなければなりません。

これは日本が薄毛を病気として認定していないのが大きな理由で、プロペシアだけではなく他のAGA治療も同じように該当します。

AGA専門クリニックでは薄毛を克服するために発毛メソセラピーや自毛植毛など様々な治療が実施されているものの、どれも保険適用外と定められているので高額な費用を支払わなければならないのです。

薄毛の症状が悪化すれば生活習慣の改善だけではハゲを食い止めるのは難しいですし、病院で治療を受けるのは賢い選択ですが、プロペシアの処方にしても他の治療にしても、保険が適用されないということを頭に入れておきましょう。

しかし、当サイトでご紹介している個人輸入代行業者のオオサカ堂を利用すれば、医療機関よりも安い価格でプロペシアを入手できます。

保険が適用されないという点では一緒でも、AGA治療は長期間に渡って続くと予想されるので、安い価格で販売されているオオサカ堂を積極的に利用してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、薄毛で悩まされている男性は多く、年齢を重ねれば重ねるほどAGAの発症率は高くなります。

プロペシアに限らず他のAGA治療も保険が適用されず、「なぜこんなに悩んでいるのに高い治療費を支払わなければならないのか?」と疑問を抱えるはずです。

この気持ちは大いに分かるものの、薄毛治療は外見や容姿を変える施術だと捉えられており、美容整形と同じ枠組みだと説明できます。

医療費が国の予算を圧迫しているという現状を考慮すると、これからAGA治療が保険適用になるのは難しいかもしれません。

国の立場からすれば、薄毛は他の病気とは違って直接生命の危機に直結するものではなく、放置していても死に至るわけではないので保険適用外と定めるのは仕方がないのです。

そのため、特許期間が過ぎたとしても、プロペシアがこれ以上安くなる見込みはないでしょう。

それでも、上記でご紹介したオオサカ堂を利用すれば、医療機関での処方よりも安い価格でプロペシアを入手できるので、是非一度利用してみてください。

 - プロペシアの購入場所