プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと皮脂

      2018/02/01

頭皮に分泌される皮脂が直接的な引き金となって薄毛を引き起こすことはありませんが、頭皮がベタベタとして毛穴に詰まったり環境が悪化したりすれば、抜け毛は加速していきます。

そのため、薄毛対策を考えている男性は、頭皮に分泌される皮脂への対処もしっかりと行わなければならないのです。

そこで、AGA治療薬のプロペシアを服用することにより、皮脂の分泌を抑えることができます。

プロペシアの有効成分のフィナステリドが体内へと入ると、酵素の5αリダクターゼの働きが抑制されるため、男性ホルモンのテストステロンが脱毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)に変わらずに済むのです。

AGAの原因物質のDHTは脱毛を引き起こすだけではなく、皮脂の分泌を促す作用も持ち合わせているため、プロペシアの服用で皮脂を抑制できるのではないでしょうか。

頭皮がベタベタとして脂ギッシュになる皮脂は厄介な存在ですが、身体にとって無意味というわけではありません。

角質層の水分不足を防いだり、太陽の紫外線によるダメージを守ったりと、私たちの肌を健康に保つ働きを担っております。

そんな皮脂でも過剰分泌されれば毛穴詰まりを引き起こして抜け毛や薄毛を加速させる原因となるため、その抑制を図れるプロペシアはAGAの進行をストップさせるために欠かせない医薬品なのです。

当サイトでご紹介している個人輸入代行業者のオオサカ堂では、格安の料金でプロペシアが販売されているので、是非一度AGA対策として使ってみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、頭皮の皮脂分泌が過剰になると、抜け毛だけではなくニキビや吹き出物といった肌トラブルへと繋がります。

そこで、プロペシアの服用だけではなく、毎日の生活の中で皮脂の分泌を抑制する対策も同時に行わなければなりません。

皮脂の分泌を抑えるにはビタミンB2とビタミンB6の摂取が適しており、ビタミンB2には脂質の代謝を促して皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。

そして、ビタミンB6は皮膚炎を予防することから発見された栄養素で、健康な肌や髪の毛を作る働きを促してくれるのです。

肉類や卵類、乳製品といった動物性脂肪が多く含まれた食べ物ばかり食べていると、男性ホルモンの分泌を高めて皮脂量が増加しやすくなります。

物性脂肪の過剰摂取はメタボリックシンドロームや糖尿病などの生活習慣病の原因ともなるので、緑黄色野菜や果物といった食べ物をバランス良く摂取していきましょう。

また、運動不足の日々が続いていると、新陳代謝が悪化して糖質や脂質を排出できなくなり、皮脂の分泌が増えやすくなります。

「全身の機能が落ちて肌トラブルが生じやすくなる」「便秘や不眠でストレスが溜まる」という弊害もあるので、ウォーキングやサイクリングなど気軽に取り入れられる有酸素運動を始めてみてください。

 - プロペシアと関係のある症状・病気