プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアの併用禁忌薬

      2018/02/01

プロペシアを日本で製造しているMSD社によると、他の薬物における相互作用はないようです。

併用して服用することで身体に危害をもたらす併用禁忌薬は特に設定されておらず、どんな医薬品であっても一緒に飲むことができます。

プロペシアによるAGA治療は長期間に渡って行わなければならないため、併用禁忌薬が存在しないのはありがたいのではないでしょうか。

1年間や2年間に渡って生活していれば、途中で体調を崩して頭痛薬や風邪薬を服用しなければならない状況は出てきます。

そんな時でも併用禁忌薬が設定されていないため、頭痛薬や風邪薬を服用しながらAGA対策を施すことができるのです。

皮膚科やAGA専門クリニックでプロペシアを処方してもらう場合、「併用禁忌薬はありません」「飲み合わせが悪い薬はありません」という説明を医師から受けます。

これは豊富な臨床試験によって得られたデータですし、効果が下がったり副作用のリスクが上がったりという弊害は一切ありません。

もちろん、今は併用禁忌薬が設定されていなくても、世界中で新しい医薬品は次々と開発されており、飲み合わせの悪い薬が登場する可能性は十分にあります。

そのため、身体に生じている病気を治すために医薬品を医師から処方されたのならば、プロペシアやフィンペシアといったAGA治療薬を服用している旨を伝えておくべきです。

病院の医師や看護師でも薄毛の治療を行っていることを人に告げるのは恥ずかしいかもしれませんが、自分の身体を一番に考えるようにしてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、上記ではプロペシアの併用禁忌薬はなく、どの医薬品とでも一緒に服用できると説明致しました。

しかし、数種類の内服薬を一度に服用すると肝臓への負担が大きくなると予想されるため、できる限り時間帯をずらすべきです。

市販されている風邪薬や頭痛薬でも、1時間から2時間程度はずらし、内臓への負荷を抑えるのが適しております。

また、プロペシアに限らず他の医薬品にも該当する話ですが、アルコールとの併用は身体にとって良くありません。

アルコールの中枢神経抑制作用は、医薬品が肝臓で代謝される際に様々な影響を及ぼし、少量ならばまだしも大量に飲んでいると薬の作用が正しくあらわれなかったり副作用が強まったりします。

AGA治療薬のプロペシアでは大きな悪影響はないものの、「心臓の薬」「血圧の薬」「咳止めの薬」「アレルギーを抑える薬」「糖尿病の薬」「痛風の薬」などを服用している際は、アルコールとの同時摂取を控えてください。

 - プロペシアと関係のある薬