プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

半年でのプロペシアの効果

      2018/02/01

プロペシアの効果を得るためには、服用してから早くて3ヶ月、通常は半年間が必要だと言われております。

プロペシアの添付文書では以下のように記載されておりました。

「3ヶ月の連日投与によって効果が発現する場合もあるが、効果が確認できるまで通常は半年間の連日投与が必要である。また、効果を持続させるには継続的に服用すること。」

つまり、1ヶ月や2ヶ月といった短い期間では変化を得られないことの方が多く、プロペシアで薄毛治療を行う場合は根気が必要なのです。

もちろん、半年間に渡ってプロペシアを服用しても、100%薄毛を克服できるというわけではありません。

しかし、日本で実施された臨床試験の結果によると使用期間が長ければ長いほど効果はアップし、半年間で48%、1年間で58%、2年間で68%、3年間で78%というデータが出ました。

薄毛改善だけではなく、「現状維持に繋がった」という男性も含めればその確率はもっと上がります。

そのため、短い期間で頭皮や髪の毛に変化が出ないからといって諦めるのではなく、どんなに短くても半年間はプロペシアの服用を続けるべきです。

ちなみに、1日の服用量を増やしても効果が倍増するようなことは確認されておらず、副作用のリスクを高めるだけなので絶対にやめましょう。

医療機関でプロペシアを処方してもらうのは高くても、個人輸入代行業者を利用すれば安い料金で入手できるので、当サイトでご紹介しているオオサカ堂を利用してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、プロペシアを服用して劇的に髪の毛が増えていなくても、薄毛の進行が止まっているのならば医薬品が効いていると判断できます。

男性が年齢を重ねるにつれて悩まされるAGA(男性型脱毛症)は進行性の病気なので、プロペシアで少しでも食い止めることは重要なのです。

半年間に渡って服用して変化を得られないとしても、実は抜け毛が抑制できており、1年間続けたら改善できたというケースもあるため、数ヶ月で諦めないようにしましょう。

ただし、プロペシアの添付文書には、AGAの進行遅延を継続して使うべきかの判断材料として、以下のように半年間を目安にするようにと記載されておりました。

「本剤を6ヶ月に渡って投与してもAGAの進行遅延が見られない場合は投薬を中止すること。また、6ヶ月以上に渡って投与する際も、定期的に効果を確認すること。」

AGA専門クリニックを受診すれば医師から詳しく説明を受けられるはずなので、不安な方は個人輸入代行業者ではなく、プロペシアを処方しているルネッサンスクリニックを訪れてみてください。
 

>>> ルネッサンスクリニックの無料カウンセリング

 

 - プロペシアの効能