プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとヘアサイクル

      2018/02/01

抜け毛の量が増えて薄毛が目立ち始めるAGAの背景にはヘアサイクルの乱れが隠れております。

髪の毛が新しく生えて抜け落ちるまでの一連の流れのことをヘアサイクルと呼び、これが乱れることで少しずつ薄毛が進行していくのです。

このヘアサイクルの乱れを元の正常な状態に戻してくれる内服薬がプロペシアで、AGAの代表的な治療薬となっております。

通常は3年から7年のヘアサイクルが数ヶ月から1年と短くなるのがAGAで、その状態を改善できるのがプロペシアなのです。

そもそも、ヘアサイクルがどのような流れで進むのか以下を見ていきましょう。

 

<成長期>

毛母細胞の分裂によって新たな毛髪が生成されて成長していく時期が成長期で、「初期」「前期」「中期」「後期」と細かく分けられることもあります。

正常なヘアサイクルだと2年間かた6年間程度続き、頭皮全体の80%~90%を占めているのです。

時間の経過によって髪の毛は太く長く成長していくという特徴があります。

 

<退行期>

毛母細胞での髪の毛の生成が弱まって止まる時期が退行期で、2週間から3週間程度続きます。

メラニン色素の活動も弱まり、次の髪の毛を毛根から生やす準備をしている期間だと考えると分かりやすいかもしれません。

 

<休止期>

髪の毛の成長が完全に止まる時期が休止期で、既に毛髪は毛母細胞から分離しております。

休止期は3ヶ月から4ヶ月程度続き、自然と頭皮から抜け落ちるのを待っている期間です。

人間の平均毛髪本数の10万本のうち、約10%の1万本が休止期に当たり、些細な刺激でも抜け落ちるという特徴があります。

 

 

以上のように、成長期⇒退行期⇒休止期⇒成長期と繰り返すのがヘアサイクルで、3つの行程を経てローテーションしております。

しかし、AGAを発症した男性は成長期が短くなり、太く長く成長する前に抜けてしまうため、年齢を重ねるにつれて薄毛が悪化していくのです。

そこで登場する治療薬がプロペシアで、脱毛酵素と呼ばれる5αリダクターゼの働きを阻害してヘアサイクルを狂わせるDHTの産生を防いでくれます。

急激に短縮された成長期を通常の状態へと戻してくれるからこそ、プロペシアはAGA治療に画期的な薬だと言われているのではないでしょうか。

もちろん、頭皮環境の悪化もヘアサイクルを狂わせる要因の一つなので、「プロペシアさえ飲んでいれば万事OK」というわけではないものの、AGAのメカニズムに焦点を当てた効果の高い内服薬なので、是非一度服用してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアのメリット