プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

生え際へのプロペシアの効果

      2018/02/01

AGA(男性型脱毛症)の典型的な症状の一つが生え際の後退で、剃り込み部分が後退しておでこが広がっているという状態で悩んでいる男性は少なからずいらっしゃいます。

前頭部は頭皮の中でも5αリダクターゼの量が多く、脱毛を引き起こすDHTが産生されやすいため、抜け毛や薄毛が発生しやすい箇所の一つなのです。

このDHTの産生をブロックする薬剤がプロペシアで、生え際の薄毛にも効果的だと考えられております。

プロペシアを服用することで酵素の5αリダクターゼの活動を阻害でき、DHTが作られにくくなるからこそAGAに効果的だと言われているのです。

短期間で劇的な効果をプロペシアで得るのは難しいものの、半年間から1年間にかけて飲み続けていれば徐々に抜け毛の量が減って産毛が生えてくるでしょう。

抜け毛の量を少しでも抑えられれば生え際の後退を防げますし、生活習慣での改善が難しいのならばプロペシアのような医薬品に頼ってみるべきです。

「生え際がジワジワと後退しているからそろそろヤバいかも」という悩みを抱えている男性は少なくありません。

「まだヘアスタイルで何とかカバーできる」と考えていても、AGAは進行性の病気なので放置していれば確実に症状は悪化していきます。

AGA治療は早ければ早いほど効果的ですし、生え際の後退が進んで前頭部に髪の毛がなくなり、ツルツルの状態になればプロペシアでもミノキシジルでも回復は困難なのです。

手遅れになる前に対処するのがAGA対策の基本なので、当サイトでご紹介しているオオサカ堂でプロペシアを購入してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、生え際の薄毛は頭頂部の薄毛と比較して、以下のような要因で改善が難しい箇所となっております。

・男性ホルモンの影響が非常に強い
・細胞の機能が低下しやすい
・血行不良が引き起こされやすい

男性ホルモンのDHTの影響が強ければそれだけ抜け毛が発生しやすく、細胞の機能が衰えたり血行不良が生じたりすれば、栄養分が行き渡りにくくなります。

細胞は栄養素と酸素がなければ当然のように活動が鈍るため、頭頂部よりも生え際の方が薄毛が進行しやすいのです。

それに、プロペシアは抜け毛抑制がメインの効果ということで、錠剤の服用だけでは大きな変化が得られないかもしれません。

そのため、「毎日バランスの取れた食生活を送る」「適度に運動して新陳代謝を高める」「質の高い睡眠を取る」「血流を悪くするストレスを発散する」という日常生活の改善も同時に行うべきです。

今までの生活習慣を見直すのは意外と難しいかもしれませんが、医薬品の力に頼るだけでは満足のいく髪の毛を維持できないと頭に入れておいてください。

 - プロペシアの部位