プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと肌荒れ

      2018/02/01

プロペシアの服用により、湿疹や肌荒れが引き起こされたと報告している男性は少なからずいらっしゃいます。

プロペシアの添付文書には「肌荒れ」とは記載されていないものの、服用初期には様々なトラブルのリスクがあるのです。

そのトラブルの一つが肌荒れで、体質的に医薬品の成分が合っていないと不快な症状で悩まされるかもしれません。

プロペシアの服用を一旦中止して肌荒れがおさまったのであれば、この医薬品の中に含まれている成分に原因が潜んでいる可能性が大なので、他の方法でAGA対策を行った方が良いのではないでしょうか。

AGA治療はプロペシアの服用だけではなく、塗布タイプの育毛剤の使用やAGA専門クリニックでの発毛メソセラピーなど、様々な方法が挙げられます。

数ある方法の中から自分に合った治療を施すのがベストで、その対策を長期間に渡って続けることで抜け毛の量を増やして薄毛の進行を食い止められるのです。

男性でも顔や身体に肌荒れが生じるのは不快極まりないので、プロペシアが原因ならば一度服用は注意した方が良いと言えます。

当サイトでは格安の料金でプロペシアを販売しているオオサカ堂をご紹介しておりますが、医師の説明を事前に受けることはできないので、あらかじめ正しい用法や用量を確認しておいてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、プロペシアと同じように日本皮膚科学会でも推奨されているAGAの治療法がミノキシジルで、血管拡張効果を持ち合わせております。

血管が拡張すれば頭皮に行き渡る栄養素が多くなるため、ミノキシジルの使用で発毛を直接的に促すことができるのです。

リアップやロゲインといった育毛剤の中にはこのミノキシジルが含まれており、内服薬のミノキシジルタブレットも得られる効果が高いということで男性から高い支持を得ております。

しかし、血管の拡張効果は毛根だけに影響を及ぼすのではなく、皮膚の血流も増して皮脂の分泌量が増えるため、ニキビや肌荒れのリスクが増すのです。

ミノキシジルのような血管拡張剤はホルモンバランスの乱れも引き起こすことが分かっており、様々な影響が絡み合って肌荒れが酷くなるのかもしれません。

このように、プロペシアだけではなくミノキシジルにも肌荒れのリスクが少なからずあるため、医薬品を使用してAGA対策を行う際は十分な配慮が必要となります。

特に、男性は女性のように念入りにスキンケアを行う機会は少ないため、AGA治療を行っている間は使用する洗顔料やボディソープの種類にも細心の注意を払ってみてください。

 - プロペシアのデメリット