プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと逆流性食道炎

   

何かしらの原因で胃液や胃の内容物が食道へと逆流し、胸焼けや胸の痛み、喉の不快感といった症状を伴う病気が逆流性食道炎で、食べ物を飲み込みづらくなるという症状で悩む方もいらっしゃいます。

基本的に、脂肪分の多い食べ物の食べ過ぎや肥満によって逆流性食道炎は引き起こされるため、プロペシアの副作用で生じることはありません。

プロペシアの添付文書の中にも、副作用として逆流性食道炎が引き起こされるとは記載されておりませんでしたし、吐き気や胸焼けを伴うのならば他の原因が考えられます。

確かに、内服薬の服用で吐き気や嘔吐といった症状が生じることは少なからずあるものの、プロペシアは内臓への負担が大きな内服薬ではないのです。

「男性である」「プロペシアで過敏症が引き起こされていない」「肝機能障害を患っていない」という方ならば、安全にAGAの対策を行うことができます。

日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでもAランクに推奨されている治療法ですし、重篤な症状で悩まされることはないでしょう。

もし、プロペシアの服用の有無に関わらず、逆流性食道炎の疑いがあるのならば、病院を受診して検査を受ける必要があります。

問診:患者さんに引き起こされている症状を専門医に詳しく伝える
内視鏡検査:胃カメラを口か鼻から入れて食道の粘膜の状態を確認する
組織の検査:食道の病変なのかガンなどの病気によるものなのか確かめるために組織学的検査を行う
PPIテスト:内視鏡検査が行えない患者さんにはプロトンポンプ阻害薬(PPI)を1週間に渡り服用させ、胸焼けなどの症状の緩和を試みる

上記のような流れで検査を行い、逆流性食道炎を患っているのかどうか確認していきます。

逆流性食道炎だと診断された場合は、医師の指示に従って症状を和らげる治療を実施していくのです。

逆流性食道炎の治療法はたくさん存在しますが、薬物療法では根本的な改善には繋がりません。

病気が引き金となって不快な症状があらわれているのではなく、糖分や脂質、アルコールやカフェインの過剰摂取によって胃に負担が加わっている可能性もあります。

あまりにも胸焼けや喉の不快感が強い場合は薬物を使用しますが、胃を休ませる食事療法が逆流性食道炎の治療のメインなのです。

もちろん、個人の症状によっては内視鏡の一種である腹腔鏡を使用した手術を受けなければならないかもしれないので、詳しい話は専門医に伺ってみてください。

 - プロペシアと関係のある症状・病気