プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと剛毛

      2018/02/01

「プロペシアの服用で剛毛になるのではないか?」という不安を抱えている男性はいらっしゃいます。

プロペシアは抜け毛を抑制して髪の毛を生やしてくれる内服薬というイメージがあり、既に剛毛の男性は髪の毛だけではなく、すね毛や胸毛、手の甲の毛など全身の体毛が増えるのではないかと心配するはずです。

しかし、プロペシアは髪の毛を直接生やす発毛効果を持っているわけではなく、脱毛を引き起こすDHTの産生量を抑えられる内服薬となっております。

そのため、1日に1錠のプロペシアを毎日服用していたとしても、剛毛へと変化することはありません。

それに、プロペシアを服用して直接的に抜け毛の量が抑えられるわけではなく、男性ホルモンのテストステロンをDHTに変える酵素の5αリダクターゼの働きを阻害できる内服薬となっております。

頭皮の前頭部や頭頂部には5αリダクターゼが存在しており、プロペシアの服用によって働きが抑えられるため、結果的に活性型の男性ホルモンのDHTが作られにくくなってAGAの改善に繋がるのです。

つまり、すね毛や胸毛といった体毛には5αリダクターゼが存在していないため、フィナステリドの作用を受けることは絶対にないでしょう。

仮に体毛に何かしらの影響が加わったとしても、今まで毛が薄かった男性が毛むくじゃらになることはありません。

身体への副作用も比較的少ない内服薬なので、AGAによる抜け毛や薄毛で悩んでいる男性は、当サイトでご紹介しているオオサカ堂でプロペシアを購入してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、プロペシアとは異なり、もう一つのAGA治療薬のミノキシジルタブレットは剛毛になると言われております。

ミノキシジルには血管拡張作用があり、頭皮に直接塗布したり内服したりすることで体内に行き渡り、栄養素の供給をスムーズにして発毛を促してくれるのです。

発毛を促すという作用は髪の毛だけではなく全身に行き渡るため、ミノキシジルタブレットの服用を続けていると手の甲の毛や胸毛、すね毛や眉毛などの体毛が増えて剛毛になります。

男性は女性とは違ってムダ毛の処理を定期的に行うケースは少ないかもしれませんが、剛毛になるのを避けたいのならばミノタブの使用はやめた方が良いかもしれません。

それに、ミノタブは得られる発毛効果が高い代わりに、プロペシアよりも副作用のリスクが高く、「体毛が濃くなる」「血圧が低下する」「身体が火照る」「全身の倦怠感が生じる」といった症状が報告されております。

そのため、AGAの治療でミノタブの服用を考えている男性は、十分に身体の変化に注意してください。

 - プロペシアのデメリット