プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとグローミン

      2018/02/01

男性ホルモンのテストステロンが配合されたクリームタイプの医薬品がグローミンで、勃起機能や射精機能を回復したり、火照りやめまいを中心とする不定愁訴を改善したりという効果を持ち合わせております。

体内で産生するテストステロンを皮膚から吸収させて補充できるため、男性ホルモンの不足で様々な諸症状で悩む男性におすすめです。

このグローミンとプロペシアを併用することができるのか、疑問を抱えている男性は多いかもしれません。

確かに、プロペシアは活性型男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制して抜け毛の改善を図る内服薬で、グローミンを使用すればその効果が失われると考えるはずです。

しかし、プロペシアはテストステロンを直接的に減らすわけではなく、男性ホルモンをDHTに変える酵素の5αリダクターゼの働きを阻害する医薬品となっております。

つまり、プロペシアを服用しても男性ホルモンの分泌量が大きく損なわれるわけではありませんし、グローミンの効能が下がるわけでもないのです。

プロペシア錠について添付文書で公表されている作用機序から考えられる限り、テストステロン自体への影響や相互作用は無いと言っても良いでしょう。

もちろん、身体に対して全く影響がないと言い切れるわけではないので、不安が残る方はプロペシアとグローミンを併用しても良いのかどうか、専門医に一度伺ってみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、男性はテストステロンの分泌低下によって、身体や心に様々な症状が引き起こされやすくなります。

テストステロン値の減少によって引き起こされる症状をLOH症候群と呼び、男性ホルモンが男性の身体にとって欠かせない存在だということがお分かり頂けるはずです。

病院で実施されている男性ホルモンの注射にはリスクがあるため、塗り薬のグローミンを使用するのは選択肢の一つかもしれません。

もちろん、グローミンではAGA(男性型脱毛症)の症状の緩和には至らないものの、プロペシアを併用すれば抜け毛の症状を抑えられます。

それに、プロペシアとグローミンを併用すれば、男性機能の低下を抑えながら脱毛を防止することが可能で、同時に前立腺がんのリスクを下げられるかもしれません。

「男の威厳を保ちたい」という男性にとって夢のような治療法ですが、2種類の医薬品の併用には少なからずリスクが生じるので、自分勝手な判断での服用はできる限り避けてください。

 - プロペシアと関係のある薬