プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアに限界はあるの?

   

プロペシアはあくまでも抜け毛を予防する内服薬ということで、得られる効果には限界があります。

確かに、日本でプロペシアを販売しているMSD社が公開している臨床データでは、3年間の服用で78%の男性が改善+維持、20%の男性が現状維持できたことが認められました。

AGAの根本的な原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑えられる画期的な治療薬なのですが、飲み続けても10代の頃のようなフサフサの髪の毛に戻すことはできません。

プロペシアのピークは服用を開始してから約1年間程度だと考えられており、その後は徐々に効果が薄れて安定する時期に突入するため、限界があるというわけです。

得られる効果に限界があると聞くと、「プロペシアを服用して意味がないのではないか?」と考える男性はいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、AGAが進行性の病気である以上は致し方ありませんし、どんな治療を用いたとしてもAGA自体を完治させて抜け毛や薄毛を食い止める方法は存在しないのです。

加齢によって髪の毛が薄くなっていくのは自然現象ですし、プロペシアだけではなくミノキシジルが含まれた育毛剤にも限界があると心得ておかなければなりません。

限界があるとしても、AGAの進行を食い止めて今の毛髪を少しでも維持できるような効果は十分に期待できるので、当サイトでご紹介しているオオサカ堂でプロペシアを購入するべきです。

病院へと通院しなくても、ネット通販のような形でプロペシアを中心とするAGA治療薬を購入できるので、一度オオサカ堂を利用してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、プロペシアを服用してから1年間までと、1年後から3年後の効果には違いが生じており、緩やかに下がっていくという特徴があります。

それは、プロペシアを服用しても毛根のない部分から直接的に髪の毛を生やせるわけではありませんし、あくまでも抜け毛の抑制を図る内服薬だからです。

飲み続けるうちに徐々に効果が落ちていつかは限界がくるものの、服用している限りは60%~70%の髪の毛の量は維持できます。

AGAの症状は10%~15%のペースで進行していくため、プロペシアで予防を図ることは非常に大事なのではないでしょうか。

もし、プロペシアを服用していて効果に限界を感じているのならば、他のAGA治療も取り入れてみた方が良いかもしれません。

ミノキシジルの育毛剤を併用すればAGAの治療効果を大きく上げられますし、食生活の改善や睡眠不足の解消など、生活習慣の見直しも欠かせない要素だと頭に入れておいてください。

 - プロペシアに関するFAQ