プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとジェネリック

      2018/02/01

ファイザー社のプロペシアのジェネリックについて

ファイザー社ではプロペシアのジェネリック医薬品を製造しており、男性型脱毛症に効果のあるフィナステリドが含まれております。

ジェネリック医薬品とは後発医薬品のことを指しており、先発医薬品と同じ成分・同じ効き目があるのです。

にも関わらず、安価な価格で医薬品を購入できるため、ファイザー社が製造したプロペシアのジェネリック医薬品を服用し、AGA対策を行っている男性は少なからずいらっしゃいます。

もちろん、ファイザー社以外からもプロペシアのジェネリックは販売されており、数多くの種類が現在では出回っているのです。

ファイザー社のジェネリック医薬品は2015年の4月から処方が開始されており、AGA専門クリニックなどで入手できます。

プロペシアと同じようにベージュで丸型の錠剤が採用されており、見た目も限りなく近いため違和感なく服用してAGA対策ができるのではないでしょうか。

 

プロペシアのジェネリックの価格について

「ジェネリック医薬品は先発医薬品と同じ成分や同じ効き目ならば服用する意味がないのではないか?」と考える方は多いかもしれません。

確かに、効き目も副作用も一緒ですし、製造されている国に違いが生じているだけであって、プロペシアのジェネリック医薬品を使うことに大きな意味はなさそうです。

しかし、医薬品を開発する際の費用を削減できるため、ジェネリック医薬品はどれも格安の価格で販売されております。

医薬品は簡単に製造できるわけではなく、「基礎研究」⇒「非臨床試験」⇒「ヒト対象の治療」⇒「承認審査」⇒「完成」⇒「発売」と想像以上に長い期間がかかるのです。

しかも、医薬品の有効性だけではなく患者さんの安全性も確立しなければならず、莫大な費用を費やさなければならないのはお分かり頂けるのではないでしょうか。

ジェネリック医薬品はプロペシアに限らずその費用が一切かかっていないため、格安の価格で消費者に提供できます。

AGA治療には長い期間がかかり、1年間や2年間以上に渡って服用するケースも少なくないため、価格の安いプロペシアのジェネリック医薬品を購入する方が増えているのです。

有名なプロペシアのジェネリック医薬品の価格は、オオサカ堂で下記のように設定されております。

ファイザー(1箱28錠):4,200円
フィンペシア(1箱100錠):3,119円
エフペシア(1箱100錠):取り扱い停止
フィナバルド(1箱100錠):3,119円
フィンカー(1箱30錠):2,575円
フィナロ(1箱100錠):2,539円

為替の影響で価格は時期によって左右されるものの、上記のようにジェネリック医薬品は正規品のプロペシアよりも安いことがお分かり頂けるはずです。

プロペシアのジェネリック医薬品の中でも、フィンペシアが一番人気を誇っているので、当サイトでご紹介しているオオサカ堂で購入してみてください。
 

>>> フィンペシアの詳細はこちら

 

プロペシアのジェネリックの効果について

ジェネリック医薬品は先発医薬品と成分が一緒なので、得られる効果も同じという特徴があります。

プロペシアに関しても同じで、得られる効果だけではなく副作用のリスクも基本的には一緒なのです。

製造国が異なるため、薬の効能にも多少の違いが生じるのではないかという意見も出回っているものの、著しく変化することはありません。

フィンペシアにしてもフィナロにしても、ジェネリック医薬品は正規品のプロペシアと同じように、脱毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害してくれます。

DHTの量が少なくなればヘアサイクルの乱れを解消できるため、抜け毛の量を抑えてAGAによる薄毛の進行をストップさせられるというわけです。

もちろん、絶対的な効果が得られるような内服薬ではありませんが、日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでもAランクという高い評価を得ているので、今直ぐに対策を始めてみてください。

 - プロペシアと関係のある薬