プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと外用薬・塗り薬の違い

      2018/04/10

プロペシアと外用薬・塗り薬の違いをまとめてみた

プロペシアと外用薬・塗り薬の違いをまとめてみた

プロペシアは内服薬タイプのAGA治療薬ですので、頭皮に直接塗るタイプの外用薬や塗り薬としては販売されていません。

これが外用薬と内服薬の両方が用意されているミノキシジルとの大きな違いとなっています。

AGAの治療を考えている男性の中には、「内服薬のプロペシアと塗り薬のミノキシジルはどちらが効果的なの?」という疑問を抱いている方は少なくありません。

医薬品を使って抜け毛や薄毛の症状を改善するに当たり、少しでも効果の高い方法を選んでお金や時間を無駄にしたくないと考えるのは普通なのではないでしょうか。

しかし、プロペシアとミノキシジルとでは作用の機序が異なるため、どちらの効果が高いのか比較は難しいのが現状です。

内服薬のプロペシアが抜け毛を抑制してAGAの進行をストップさせる守りの治療なのに対して、外用薬のミノキシジルは血管を拡張させて血液の流れを良くし、発毛を直接的に促す攻めの治療なのです。

つまり、次のようにどんな効果を医薬品に求めているかによって行うべきAGA治療の方法は変わりますよ。

  • AGAによる抜け毛を食い止めたい⇒プロペシアを服用する
  • 直接的な発毛効果を得たい⇒ミノキシジルを塗布する

どちらの医薬品も数々の臨床試験が実施されてAGAの改善に効果的だというデータが出ていますし、日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでもAランクの評価を得ていました。

内服薬が合っている人がいれば、塗り薬の方がしっくりとくる人もいますので、とりあえずプロペシアとミノキシジルの両方を使ってAGA対策を始めてみるのが良いかもしれません。

どちらのAGA治療薬も当サイトでご紹介しているオオサカ堂で販売されていますので、お好きな方を使って抜け毛や薄毛の症状を和らげる努力を行ってみてください。

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

>>> ロゲインの詳細はこちら

 

外用薬や塗り薬で最も効果が高いのはミノキシジル!

塗り薬タイプの育毛剤として、最も効果が高いと言われているのがミノキシジルです。

薬局やドラッグストアで販売されている自然派成分がメインの育毛剤は、頭皮への作用が穏やかな代わりに高い発毛効果を得ることができません。

一方でミノキシジルは世界中で認可されている外用薬ですし、科学的に有効性が認められていますのでAGAの対策として使用する価値は十分にあります。

一口にミノキシジルと言っても、以下のように現在出回っている育毛剤の種類は豊富です。

  • リアップ5%
  • ロゲイン5%
  • カークランド5%
  • ポラリス7%
  • ポラリス16%

パーセンテージが多い製品ほどミノキシジルの含有量が多く、それだけ得られる血管拡張作用や毛母細胞活性化効果が大きくなります。

プロペシアはジェネリック医薬品を除けば1種類なのに対して、ミノキシジルが含まれた外用薬にはたくさんの種類があるという点も違いの一つですね。

また、ミノキシジルは塗り薬タイプの育毛剤だけではなく、内服薬タイプの医薬品も個人輸入代行業者では販売されています。

頭皮の表面から塗布するよりも身体の内側から血管拡張作用を得た方が効果が高いものの、ミノキシジルタブレットは多毛症や動悸といった副作用のリスクが高いので服用の際には十分に注意してください。

 

内服薬のプロペシアと外用薬のミノキシジルを併用しよう

「内服薬のプロペシアと外用薬のどちらが良いのか?」と悩むのではなく、両方を併用してAGA治療に取り組む方法がおすすめです。

AGAの治療にかかる費用が高くなる代わりに、2つの医薬品を併用すれば次のように大きな効果が期待できます。

  • プロペシアによる作用によってDHTを減らして新たな抜け毛の発生を食い止める
  • 抜け毛を抑えながら外用薬のミノキシジルで直接的に髪の毛を増やせる

2つの医薬品は作用機序が異なるからこそ、両方のメリットを活かした治療に取り組むのが効果的なのは何となく想像できるのではないでしょうか。

薄毛で悩む多くの男性を救っているプロペシアやミノキシジルでさえ個人の体質で効く効かないが分かれますので、2つのアプローチを同時に行ってみてください。

 - プロペシアと関係のある薬