プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアの服用で太るの?

   

「プロペシアの服用による副作用で太るのではないか?」という噂がインターネット上では飛び交っております。

体重が増えて太るというよりも、プロペシアの服用で痩せにくい体質になったと口コミを残している男性はいらっしゃいました。

恐らく、プロペシアは男性ホルモンに少なからず影響を及ぼす内服薬なので、ホルモンバランスに乱れが生じて太りやすくなったり、痩せにくくなったりするのかもしれません。

しかし、プロペシアと体重に関する因果関係に関しては完全に解明されておらず、添付文書では「プロペシアの副作用で太る」とは記載されておりませんでした。

個人の体質によって変化する部分なので一概には言えないものの、あまり体重増加を気にする必要はなさそうです。

1日に1錠を服用するという用法と用量を守っていれば、他の内服薬と比べてプロペシアは副作用が引き起こされにくくなっております。

性欲減退や男性機能の低下といった副作用は報告されておりますが、その発症率は1%~3%と非常に低いですし、偽薬のプラセボ群でも副作用の報告があったので、ただのプラシーボ効果とも考えられるのです。

もし、プロペシアの服用による影響でどうしても太るのを避けたいという男性は、同時に食生活の見直しも行ってみてはいかがでしょうか。

肉類や乳製品に偏った食生活を見直し、緑黄色野菜や魚類もバランス良く食べる習慣を身に付けていれば、髪の毛にもきちんと栄養素が行き渡って抜け毛や薄毛の予防に繋がります。

プロペシアは効果と安全性の両方が認められたAGAの治療なので、当サイトでご紹介している個人輸入代行業者のオオサカ堂で注文してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、プロペシアで変化が得られないという男性の中には、血管拡張剤が含まれたミノキシジルタブレットを服用している方がいらっしゃいます。

育毛剤のミノキシジルよりも、身体の内部から対処するミノキシジルタブレットの方が大きな効果が得やすく、毛乳頭や毛母細胞に栄養分を行き渡らせて直接的な発毛効果が得られるのです。

プロペシアには基本的に抜け毛の予防効果しかないため、ミノキシジルタブレットの服用は攻めのAGA治療だと言えるのではないでしょうか。

しかし、ミノキシジルタブレットの服用で利尿作用が低下して余計な水分が体内に蓄積されやすく、むくみによって体重が増えるというリスクがあります。

水太りのような状態に陥ったという男性は意外と多く、プロペシアよりも太る原因となりやすい内服薬だと心得ておくべきです。

単なる水分だけではなく、老廃物も身体の中に留まりやすくなり、ニキビや吹き出物といった肌荒れに繋がりやすくなります。

ただでさえ副作用のリスクが大きな内服薬なので、できる限りミノキシジルタブレットは使用しないでください。

 - プロペシアに関するFAQ