プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアの副作用

      2018/02/01

プロペシアは育毛シャンプーや育毛サプリとは異なり、医薬品の一種なので高い効果が得られる代わりに副作用が引き起こされるというデメリットがあります。

正しい用法や用量で服用していれば重篤な症状で悩まされるケースは少ないものの、アメリカで実施された臨床試験では数%の男性に副作用が確認されました。

有効成分の入っていないプラセボからも副作用を訴えた男性もいらっしゃったので、「思い込みなのではないか?」「気のせいなのではないか?」という意見も出回っております。

しかし、医薬品を服用している点では同じなので、プロペシアでどのような副作用のリスクがあるのか以下を見て確認してみてください。

 

性欲減退や勃起障害など男性機能の低下

プロペシアの服用で最も引き起こされやすい副作用と言われているのが、性欲減退や勃起障害などの男性機能の低下だと言われております。

男性ホルモンのテストステロンをDHTに変える酵素を阻害するのがプロペシアの効果で、DHTも男性ホルモンの一種だからこそ男性機能に関する服用が引き起こされるのかもしれません。

実際にアメリカの臨床試験では、性欲減退は1.8%、勃起機能の低下は1.3%だという結果が出ました。

思い込みによるプラシーボ効果なのではないかという意見もあるものの、高用量のフィナステリドが含まれたプロスカーでは勃起機能障害や女性化乳房を中心とする男性ホルモンと密接な関わりのある副作用が報告されております。

個人の体質によって副作用の有無は異なりますが、プロペシアでも男性機能に支障が生じる可能性が少なからずあると心得ておくべきです。

 

肝機能障害

プロペシアによる重大な副作用の一つが肝機能障害で、日本でも海外でも報告が上がっております。

そもそも、どんな内服薬でも少なからず肝臓へと負担が加わりますし、そういった背景を考慮するとプロペシアは他の医薬品よりも肝機能障害のリスクは低いのです。

何気なく服用している正露丸や風邪薬でも、場合によっては肝機能障害を引き起こすことがあります。

健康体ならばまだしも、元々肝機能障害を患っている男性がプロペシアを服用することで重篤化するかもしれないので、観察を十分に行って異常が見られた場合は直ぐに専門医の診察を受けましょう。

 

うつ症状

うつ症状もプロペシアの服用によって引き起こされる可能性のある副作用の一つです。

男性ホルモンのテストステロンが減少すると気分が沈みやすくなり、プロペシアは少なからず男性ホルモンに影響を与えるため、「落ち込む」「イライラ」「うつ症状」が引き起こされるのかもしれません。

それに、男性機能は意外とナイーブでメンタルの影響を受けやすく、精神的なストレスが溜まっているだけでも勃たなくなることはあります。

年齢を重ねたことによる男性機能の低下とプロペシアの副作用が合わさり、顕著に症状があらわれて気分が塞ぎやすくなるのではないでしょうか。

 

 

上記が主なプロペシアの副作用ですが、他にも「無精子症」「発疹」「蕁麻疹」「倦怠感」「過敏症」「精子数の減少」といった症状が報告されております。

いずれにしても副作用の発症率は僅か数%なので、元々病気を患っていない健康体な男性ならば神経質になる必要はないかもしれません。

それでも、「全く副作用がない」というのは勘違いなので、プロペシアでAGA治療を行う場合は自分の症状を良く確認しながら続けてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアのデメリット